少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

3867 完全なる飼育

3/29/16

昨夜の突然の雹(ヒョウ)からの晴天。

しかし、一旦、気圧が下がると、持病のメニエル内耳が狂い、めまい、激しい耳鳴り、船酔い状態が続き、不快で起きれません。

朝からヘビーな話題で恐縮ですが、女子中学生誘拐監禁事件について。

皆さんは「完全なる飼育」という映画(シリーズ8作)をご存知ですか? この事件は、この映画の完全なる模倣です。犯人は間違いなく、この映画を観ています。これは断言できます。

YouTubeのアドレスをコピペしようかと思いましたが、過激シーンもあり、遠慮しました。

興味ある方は、このタイトルで検索してください。

竹中直人が出演していますが、アングラ的映画です。

予告編を見ただけでも、私の言ってることが理解できると思います。

f:id:chamy-bonny:20190329215113j:image

コメント

チカコさん「なるほど。見ました粗筋!。だとしたら、いや、だとしなくても、絶対に許せませんねこいつは!憎しみしか湧きません。千葉大の学位剥奪の話も出てるそうですが当然です。虫ケラ以下の生物にそんなもの要りません」

安藤裏総理「千加子さん、『完全なる飼育』はそのうちマスコミで話題になるでしょう。 テーマは一貫していて、誘拐→暴力で洗脳→被害者に加害者を想う気持ちが芽生える→加害者の過信→被害者の脱出、という感じで、これは、起こりうる事件を想定しての作品です。 今回の犯人は千加子さんのいう通り、虫ケラ以下です。しかし、その虫ケラが、高学歴、独学の英語で4ヶ月でセスナの操縦資格を取るという頭脳の持ち主。大胆な犯行、被害者を連れて散歩という、大胆な行動、心臓の持ち主のくせに、自殺を図る小心というギャップ。この事件の根底は稀に見る複雑です」

チカコさん「まるで犬猫を拾って飼育するように、人間の女の子も騙して連れ帰り、育てていいと思ってる…映画みたいに上手くいくとでも思ったんでしょうね。失敗したら自殺を図る短絡的な考えは、とても頭脳明晰には見えませんね。高機能自閉症とかアスペルガーを持ち合わせているのかも(同障害の方には大変失礼な例えですが)自殺は未遂に終わって本当に良かった。こいつにはこれから生き地獄を味わってもらわないと!」