少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

4931 清原事件 私見23

2/21/16

清原事件、私見23。

この一週間、海外から医療関係者が来日して、医療機関巡りでびっちりでした。私見22、冒頭の清原vs平沼対決、観ていただけたでしょうか?
今日は、私見というより、元中日、ロッテ、西武でプレーした平沼定晴投手について書こうと思います。

たまたまですが、私がまだ、明治の学生で、ドラゴンズの応援団長をしていた頃、平沼君の後援会の若者たちに声をかけられて、名誉会長なる職をいただきました。写真は、その時の宴会の顔ぶれです。

写真下左から2番目、三浦将明(横浜商58年3位)、宮下昌己(日大三57年6位、のちに西武)、一人おいて平沼定晴(千葉商大付57年2位、ちなみにこの年の1位は鹿島忠)、山本昌広(日大藤沢58年5位、ちなみにプチ自慢ですが、星野監督命令で留学先のドジャーズから帰国した山本昌を、成田まで迎えに行ったのは私です。この年の1位は藤王康晴)、中村武志(花園59年1位)。清原は60年のドラ1ですから、このメンバーは全員歳上。ちなみに60年のドラゴンズの1位は青学大斎藤学
ちなみに私は後列左から4番目のヒゲ野郎。

さて、平沼君の話ですが、あの映像。あの程度の内角攻めで、バットを投げられたのではたまったもんじゃありません。しかも、清原のフライングヒップパッドが見事に炸裂し、平沼が吹っ飛ばされる格好になり、赤っ恥です。清原が浪花のだんじりファイターなら、平沼は千葉の暴走ジャミラ、市川周辺ではちょっと鳴らした番格でした。
映像を見てもわかるように、ジャミラの怒りはハンパじゃありません。乱闘事件の夜、試合後にドラゴンズ時代の同僚で、西武に移籍して、西武球場に内通している宮下投手の携帯に電話を入れ、「清原の出てくる場所を教えてくれ」と凄み、バット片手に復讐劇を計画。しかし、ロッテ先輩にたしなめられ、一旦は諦めるも、今度は、駐車場で清原のクルマ付近で待ち伏せ。その情報を察知した清原はクルマを置いて帰宅したそうです。

その平沼の怖さにビビッたのか、出場停止処分を食らった清原ですが、翌日、先輩の辻選手を仲介に立て、ロッテベンチへ出向き謝罪。平沼君は喧嘩っ早いですが、超礼儀正しく、スカッとした性格なので、先輩の顔を立て、手打ちに応じました。

さて、平沼君のプロでの投手としての成績は、数字として残せるものはありませんでした。だから、清原との乱闘が、一般の人々の心に残るだけですよね。で、この場を借りて、彼のことをお伝えしたいと思います。
(つづく)