読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2617 警察病院記10

4/25-17  FB投稿

 あと10分後に消灯だけど、横になるのがストレスという経験はあまりないでしょうね。横になると痛いんです。こんな時間だけど、我慢できないから、看護婦さん呼んだ、痛み止め。
バックスの人たちにスクラム組ませてやりたい心境。

眠る前に、必ず宇宙にオーダーを出すのですが、注文の品がなかなか届かないのは、やはり汚染が原因なのでしょうか?

4/26

本日午後、ラウンジでパソコン中、隣の席の3人組の見舞客の話が聞こえてきました。
入院患者さん、56歳、大手商社勤務。およそ1月前、足の傷口から菌が侵入。どんどん化膿するも放置。10日ほど、自宅で寝る。
いよいよ痛みに我慢できず、ここ警察病院に来る。すでに手遅れ、壊死してスネから切断。
私には意味不明、思わず声をかけましたが、すでに手遅れ。
私も蜂窩織炎にて、何度か医師から切断を宣告されましたが、医者を変え病院を変え、まだ憂き目にはあっていません。
菌の侵入は命取りです。我慢せず、すぐに病院で抗生剤。それと情報。

本日も ついてる 感謝してます。

男が赤ちゃんを産めない理由は子宮がないからではありません。
出産の痛みに耐えられないからです。
左足をかばい、そのせいで右足を吊りました。
ナースコールでツムラの68番芍薬甘草湯を所望。実はこれ、私が持参した常備薬。足の吊りに速攻で効く。
ところが職務に忠実なオタンコナース、医師の許可が必要などと。そら、わかるけど、それ俺の持参した薬やん。
脂汗と唸り声。隣のベットのアニキがオタンコ呼びに行ってくれた。
オトコはこの程度の痛みでも死にたくなるので、とてもお母さんにはなれません。本日ラストの点滴中、お気の毒に。

今日、病院のエレベーターの中で、知らないおばさんの鼻から、たら〜って血が出ました。
とっさにポケット探したけど、こんな時にかぎって、バナナ持ってないんだよなぁ〜。ごめんよ、見知らぬおばさん。
実話です。

 

 

2616 警察病院記9・陸軍学校

4/23-17  FB投稿

 

この脚のことで、私は渡り患者。
新宿国鉄病院、日赤広尾病院、横浜たそがれ病院、下北沢病院、中国祈福病院、そしてNY他、数カ所の個人医院を渡り歩く。
その中でも、特に三宿の軍人病院(自衛隊中央病院)とここ、警察病院(旧陸軍中野学校=跡地)には、いささかのご縁を感じます。

安藤忠義は私のひいおじいさんです。ネットの経歴を引用します。=1854-1920 明治-大正時代のフランス語学者。
安政元年生まれ。外務省にはいり,外交文書,フランスの各種法典の翻訳にたずさわる。のち陸軍大学校教授,早大教授などを歴任した。レジオン-ドヌール勲章受章。大正9年6月1日死去。67歳。江戸出身。外務省翻訳局付属学校卒。著作に「新式仏語文法」。

家にある家系図みたいなものにも陸軍大学教授とありました。当時の軍隊はフランスから武器を輸入したり、フランスの戦法を取り入れたとのことで、フランス語に需要があったそうです。
で、おじいさんは三宿の陸軍学校(医学)と中野(兵法)にも出向いていたそうです。当時の家は神楽坂か雑司ヶ谷でした。

おじいさんとは会ったことがありませんが、およそ100年の時空を超え、100年前に自身のDNAの源がこの同じ地にいたことを想像というか、実感できるという体験はままあることではありません。
縁(えにし)を感じます。いつどうなっても、理学的におかしくないこの身が、なんとか持ち堪えているのも祖先のみなさまのお護りをひしひしと感じております。

自宅に戻りましたら、お仏壇に日本酒とボタ餅を供えますので、どうか効く痛み止めをもらってやってください。

本日も ついてる 感謝してます。

2615 舛添の悪業2

4/28-16 FB投稿

 

舛添 税金泥棒 問題 実話1

昨日午前、上記案件につきまして、都庁に電話で質問、45分間。これで二度目の電話です。

結論から申しますと、質問案件がそれぞれ違うということで3カ所、計4人の職員と穏やかに話をしましたが、全員の回答は、この一言でした。

職員「我々は皆様方のご意見をお伺いさせていただき、それを上に、報告させていただく業務でございます」
私 「当方は意見を述べているのではなく、質問させていただいているのです。質問の答えを求めているのです」
職員 「我々はご質問に答える立場にありません」
私 「では、どなたが質問に答えてくださるのですか?」
職員「都庁には個別の案件にお答えする部署はございません」
私 「では、都知事に直接、質問させていただきたいと思いますので、都知事に繋いでいただけませんか?」
職員 「いえ、そういうことはやっておりません」
私 「では、あなた方の役目は何ですか?」
職員 「皆様方のご意見、ご質問を上へ報告することです」
私 「上とはどなたですか?」
職員 「上席です」
私 「舛添都知事には報告されないのですか?」
職員 「いえ、報告致します」
私 「どのような方法ですか?」
職員 「皆様方の声をお届けします」
私 「書面ですか?」
職員 「はい、そうです」
私 「では、今、私の質問を、あなたはメモされていますか?」
職員 「はい」
私 「では、あなたのメモを舛添が目を通すかどうか?我々はどのようにして、確認したらよろしいのですか?」
職員 「・・・・・」
私 「いや、確認方法を聞いてるだけですが、黙られても」
職員 「それは、我々を信用していただくとしか・・・」
私 「お顔も知らない初めてお話ししたあなたに対して、大変失礼かと思いますが、我々の間に、まだ、何の信頼関係もございません。オレオレ詐欺ではないので、電話のみで信用するのは、あまりにも危険でしょう。まず、あなたが本当にメモしたかどうか?どのような方法で、舛添に届けたか、そして舛添が本当に目を通したか?」
職員 「・・・・・」
私 「では 1000歩譲りましょう。メモ、方法はあなたを信じましょう。でも、一番信じられないのは、舛添が確認するかどうかです」
職員 「さあ、それは知事のことですから」
私 「ですよね〜。でも、あなたは先ほど、信じてもらうしかない、と仰った。でも、そのあなたも知事を信じるに至っていない。今のアンサーはつまり、そういうことじゃないですか?」
職員 「・・・」
私 「別にあなたを責めてるわけじゃない。あなたの立場も理解してるつもりです。私ひとりの個人的な意見、質問に対して答えてくれと、無理を押し付けてるつもりはありません。同じような意見、質問はございませんか?」
職員 「はい、それはもう、本当に沢山の電話をいただいております」
私 「なぜ、多くの方々が、自腹で電話代を使い、人生の貴重な時間を費やして、それでも電話をかけてくるか、おわかりでしょうか?」
職員 「はい、十分、理解させていただいてるつもりです」
私 「でしたら、舛添に直接繋いでいただくか、後日でも構いませんから、ご回答をいただけますか?」
職員 「いえ、それはできかねます」

言葉は丁寧でしたが、何も分かっちゃいねえ。まだ江戸時代の役人気質だね。都知事は公僕のボス。都民のために身を粉にするのが使命。でも、現実は、舛添のために都民が苦役列車で、保育園もなく、ヒエアワ喰って年貢を納める構図。江戸時代と同じじゃん。

次回は質問内容を具体的に書きます。

2614 史明さんと三ノ輪

4/27-16  FB投稿

三ノ輪、国産小麦のみ使用の「むぎわらい」さんにて全麦ランチ。ここで、毎日食せば健康!03-5850-6815

不思議な店、パーラーオレンジ。ここの店主が、無料で占いをしてくれるとのことで、予約が2年半先まで埋まっているとのこと、いやマジで。1日に10名限定で占うそうです。ワタシはバナジュー。三ノ輪。

都電荒川線三ノ輪駅の天草館にて、熊本商品購入しました。

台東区山谷付近、嫌いじゃありません。道に迷って尋ねたら、見知らぬおじさんが「これから吉原に行くから、乗っけてってやら〜」ってクルマを出してくれました。下町人情、いいなあ、これから吉原かぁ〜。

代々木の瞑想カフェ・LunbaLumba。アボジューで瞑想600円。他の客も瞑想中。
上野で見つけたペコちゃん線香。いちごミルクとか、ボンタンアメとか、購入にはちょっと勇気足らず。

2613 舛添の悪業

4/25-16  FB投稿

都税局から、滞納してる固定資産税払ってくれと電話あり。
義務ですから、そら払いますけど、これが舛添の豪遊海外旅行の原資になるのかと思うと本当に悔しい。祖先様にも申し訳ない思いです。嗚呼、俺だってラグビーW杯決勝、準決勝見たかったw。素人の舛添が見てどうするよ。しかも2日間で入場料129万円って正規価格じゃねえし。東京都都条例ではダフ屋行為は禁止のはず。エッ、買ったのは東京じゃなくてロンドンだと?フ〜ン、じゃあ文春さんの出番ダネ!

 昨年4月から1年間で週末湯河原温泉旅行、実に49回ですと。
学会幹部の妻がオーナーを務める温泉ですと。
自費で行くなら文句ないけど、公用車使用、往復8万円で、合計400万円ですと。まさか、宿泊費や飯代まで公費じゃなかろうな?いや、こいつならあり得る。早く、一刻も早く辞めさせないと、税金全部喰われちゃう。

以下コピペ

公用車で毎週末湯河原へ待つは本妻?はたまた愛人か?
*******************************************************************
往復の飛行機はファーストクラス、宿泊先は高級ホテルのスイートルーム、年間の海外出張経費は3億5000万円也……舛添要一東京都知事(67)の「豪華すぎる海外出張」へのブーイングが日に日に高まっている。だが当の舛添氏は、4月12日から18日まで例によってファーストクラス&スイートルームでニューヨーク、ワシントンを外遊した。そんな折、小誌にある「内部告発」がもたらされた。

「舛添都知事は週末に東京を離れて、公用車で湯河原にある自分の別荘を訪れている」

 小誌が早速、情報公開請求によって、舛添氏の公用車の運転手が移動経路を記録した「庁有車運転日誌」を取り寄せたところ、驚くべき事実が判明した。

 この記録と小誌の取材によると、舛添氏は、昨年4月からの約1年間で、実に49回にわたって、毎週末、公用車で、温泉で名高い神奈川県湯河原町にある別荘を訪れていたのである。都内のハイヤー会社によると「都庁と湯河原の往復で約八万円かかります」というから、その総額は単純計算でも400万円を超える。

 問題の別荘は、舛添氏の妻が代表取締役を務め、自身も役員を務めるファミリー企業が所有しており、敷地面積は約三百坪。温泉もひいているというが、舛添氏はいったいここで何をやっているのか。そもそも、都知事が毎週末、都心を離れることに危機管理上、問題はないのだろうか。舛添氏は、知事秘書室を通じて、次のように回答する。

「知事の職責は都政全般にわたる広範なものであり、時間や場所を問わない。週末には、その週の業務のまとめと翌週の公務のための準備を世田谷や湯河原の事務所で行っている。危機管理上万全の体制を講じており、問題ない」

 舛添氏に、都知事として1300万人の都民の命を預かる責任者としての自覚はあるのだろうか。

2612 警察病院記8

4/23-17  日曜日  FB投稿

本日で入院14日目です。
点滴3本 注射4本 飲み薬数多 治療1回 食事3回 風呂1回
これが日々の日課です。
で、火曜日から原因不明の脚痛。5日間眠れていません。
不思議なのは痛いときは脳天までくるのに、痛くないときは投稿もできるし、ご飯も食べれる地獄と天国。でも、これが波状攻撃で来る。痛み出すと歩けないし、眠れない。
特にバチ当たる悪さも記憶にありません。見た目は頑丈そのものなのでオオカミ少年みたいです。しかし、痛い顔をしたら、星野監督にも北島監督にも使ってもらえなくなるのでバナナマンで頑張ります。

痛みの周期が短くなってきた。明日は絶対にMRIを申し込もう。
隣の患者さんの家族が見舞いに来ました、小さな子二人と奥さん。病室は僕と二人だけなので、子供たちきゃっきゃきゃっきゃ。騒々しいけどぜんぜん気にならない。ウチも6年前の入院の時は来てくれました。

「時は流れ 世は徒然 漂流せし者 岸へ戻るか 大陸を目指すか 」 平成芭蕉

4/25  月曜日

春はあけぼの やうやう白くなりゆく
京都警察病院のヨシミさん、本日ご退院おめでとうございます。
真理ちゃん繋がりの松下真紀さんの投稿記事で、私もナマ八つ橋が食べた〜いと投稿すると、間髪入れずに出版社の島田さんが差し入れに。もう我慢たまらずいただきました。島田さん、優しいですね、ありがとうございます。
サンドイッチと豆とコーシーは夜食。警察病院、粋ですね。
相変わらず、頼まないのに御飯くれます。
脳天まで響く痛みも我慢しないとね。
本日も ついてる 感謝してます 生きてます。

かわいそうに、ついに自力で歩けなくなりました。

それでも医者は「傷口も綺麗になりましたから、そろそろ退院しますか?」な〜んて呑気さん。
木を見て森を見ず。日本の医者は例外なくこれ。
痛くて丸6日間寝れてないし、痛み止め効かないし。
これはいよいよ神経痛ではないよ、尋常な痛みじゃないもん。で、患者自ら、腰のMRA検査を所望。逆じゃね?
看護婦曰く、まだ血液検査も炎症反応ありで、抗生剤続投とのこと。厚労省の制度のため、そろそろ退院させるのが医者の事務仕事なのはわかるけど、この痛みじゃ帰れませんて。松葉杖でも歩けません。悔しいから洗濯した。乾燥機、洗剤込みで330円の出費。1000円札をくずすのに自販機で130円のコーシー。

2611 務所のめし

4/23-17  日曜日  FB投稿

花輪さんによれば、府中あたりじゃ土曜日の朝がパンの日とか。
一週間のうち、麦飯が18回、麺が2回、そしてパンが1回。だから囚人は土曜日の朝が待ち遠しい、みんなパンが好物だそうだ。
同じ警察でも、ここはパン率が高い。今日でちょうど14日目だがパンは5回。39打数5安打として打率・128。低すぎ、これではレギュラーはムリだな。中日の打線並みだ。

花輪さんの話が出たので、ついでに書くと、月一のお楽しみ会、例えば活動写真の上映会とか、八代亜紀の慰問とか、その時に模範囚には缶コーシーと、ブルボンのアルファード一箱がもらえるそうです。決まってアルファードだそうです。ただし房に持ち帰れないので、会場で完食が条件。房に戻ると、どんな味がしたかとか、他の囚人にしつこく感想を聞かれるらしい。
だから、私はコンビニでアルファードを求める際には郷愁の想いにかられ、お菓子のまちおかで、アルファード大人買いするオサーンを見るとハハーンと連想してしまう。善人そうに見えるけど、暗い過去があったのね。

花輪さんの話が出ましたのでついでに書きますと、見沢知廉の本によりますと、千葉刑務所に、金属バット殺人事件の犯人がいたそうです。で、レクリエーション大会でのソフトボールの試合で、その犯人に打順が回り、そいつが本当に金属バットを持った瞬間に、並み居る凶悪犯罪者の面々も戦慄が走ったそうです。
後日、偶然ですが、当時の千葉刑務所の刑務官と会う機会があり、そのことを尋ねたら、事実であったと判明しました。
余談ですが見沢知廉とは同じ年で、彼は早稲田中学に行ったので、私の小学時代の担任の反対が無ければ、私も早稲田中学に進学した可能性が高いので同級生になってたかもわかりません。