少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

4742 真冬の若狭にて

7/10/19

FBFのみなさま おはようございます。
私的近況投稿につき、深い意味もオチもございませんが、感謝の気持ちでいっぱいです。
長文につき、お暇な方限定でお願いいたします。

『真冬の若狭にて』

昨年12月6日に腸腰筋膿瘍という感染症にかかり深夜に自宅から目黒区の三宿病院に救急搬送され、2ヶ月間、激痛で寝返りも打てない半地獄生活を味わいました。
そこから端を発し、途中経過省略させていただき、本日で通算149日目の病院での朝を迎えます。現在朝の8:45になりますが8:00に来るはずの朝食はまだ来る気配はありませんが、特に空腹もなく、それは大きな問題ではありません。
今回は三宿病院での3週間の内科的な治療が成果なく、杉並区の宗教病院にて外科治療に方針が変わりました。治療の内容は深く書けませんが、全身麻酔による手術です。

自分は38歳より医療に携わり、42歳より10年間、本格的に海外の病院で勤務した経験上、日本の治療方針や看護方針に少なからず、疑問を抱いておりました。大概の部分は個々の医療機関の人的問題というよりは医師会、厚労省における巨悪が根源ですので、国民の半数がそのあり方に立ち向かわないと、100年先にこの国が存在しているかどうかは別として、この医療制度は続くことでしょう。もちろん悪いことばかりではありませんが、根底に大きな利権が流れていることが問題です。

現場レベルで言えば、先の三宿病院ですが、私のFBをフォローしてくださる方々は、当時、と言っても半年前ですが、それは有り得ない酷さでした。再三再四、師長さんに直接、苦言を呈し、嫌われ患者になりましたし、私もこの病院には二度と世話にならないと決めました。

ところが今回の入院で、驚きました。私が苦情を呈したことすべてが改善されていました。例えばナースとしての資質がないオタンコ3名はすべてクビ、病室内でのナース同士の声を上げての笑い話は、ナースステーション内でも一切禁止に、提言した1〜10のすべてがすべて、この半年で夢のように改善されました。奇跡と言ってもよいでしょう。

急遽、転院が決まった先週金曜日のこと、私の苦情をずっと頷きながら聞いてくれた師長を補佐する主任ナースのMさんに侘びと礼を述べたく、その機をずっと伺っていたのですが、彼女は前夜の夜勤で私の退院する日は夜勤明け休暇。ところが荷物をまとめ、出院する私と、居ないはずの彼女と廊下ですれ違った。

「あれMさん?」「あれ?安藤さん?どうされましたか?」
Mさんはいつもマスク越し、フルフェイスを見たのはこの時が初めてで、しかも居るはずがないので一瞬、気付かず。彼女も私の突然の転院を知らされていないので荷物を運ぶ私に???。
「ずっと言いたかったことがある」と私は心の準備もなく、ウォーミングアップなくマウンドに送られた弱小チームのストッパー投手のごとく打たれてもともと気分で、半年前の非礼と、今回の改善の賛辞を述べた。すると彼女「まだまだぜんぜんですけど、これもすべて安藤さんのお陰なんですよ。お礼を言いたかったのはむしろ私の方なんです。でも、まだこんな程度で、変わったなんて自分から言い出せなくて。本当に助けていただいてありがとうどざいました」

「は?どういうことですか?」
「安藤さんのご指摘は、すべてがすべて、私自身がずっと感じていたことなんです。でも私のような立場から、それを上げることはできなかったんです。でも安藤さんのご意見を患者様からの声という形で上に上げることができました。安藤さんの声は、医療機関に従事する者としてすべて基本ですから、誰も反対する人はいなかったんです。ですから、本当に助かったんです」

M子さん、ホンマかいな〜、そら惚れてまうやろ・・・

「か、かわいいですね」
「え、なにがですか?」
「いえ、だってほら、いつもマスクしてるから」
「あ、私ですか?」(いや、貴女しかおらんし)
「あ、はい。とっても」
「そうですか、それはありがとうございます」

「また、何処かでお会いしたいですね」
実は、声に変換できず、寅さんパターンやん。
だけどね、元新聞記者の意地にかけてM子さんの出身地が若狭湾のとある小さな港町であることは取材済みやんか。既婚、年齢は夢の保存のため真空パックに入れたまま、解凍の日を待とうぞ。今は取材に至らずだ。

いつの日か寺尾聡が唄う「出航(SASURAI)」の歌詞のように、
♬おまえの匂いは 記憶の彩どりだけど
生きてゆく 道連れは夜明けの風さ〜 
そうさ 夜明けの風さ〜 ♬
なんてね。

いつの日か、この俺も、生命尽き果てるなら、あの雲にまかせて、遥か若狭の港町を彷徨い歩こうぞ。
冬なら二級の熱燗で、つまみは「自分、めざしください」と健さん風に野郎の浪漫。

あ、麻酔科の先生が来た。
この病院で二年間で4度目の手術。もう馴染みになってしまった。
「安藤さん、本当に局所麻酔でいいんですか?こちらとしては全身麻酔の方が安心なんですけど」
「そこをなんとか、お願いします」

締め切りの原稿2本、加えて翻訳の仕事もいただきました。
翻訳の仕事はFBで知り合った後輩の荒木さんに協力を依頼し、タッグでやります。
フリーの立場の原稿は締め切りとクオリティが生命。
今回の仕事は次へ繋げる仕事という心構えで書いてます。
全身麻酔だとリカバリーに時間がかかるため、怖いけど局所麻酔で突破します。

自宅に随分長い間、おそらく10年くらい熟成されていた「奇跡のトライ」を持ち込みました。
著者は慶応ラグビー部出身でリコーの監督も歴任された山下忠男さん。「鼻腔悪性黒色腫」という当時の治癒率が1%を切る難病で、「先生、治療が上手くいけば体調はいつ頃から回復できますか?」という山下さんの問いかけに担当医は「今日が一番いい日です」と答えた。つまり明日以降は悪化の一途だと。そんな状況で鼻腔内に癌が見つかる、しかも治癒困難、余命は明日かも知れないと告げられた。山下さん59歳まであと2ヶ月のとき。ラグビーの名門福岡高校から慶応大学。慶応では一年から四年まで全試合に出場、四年時にはキャプテン。
 たまたま初診の病院が私と同じ横浜たそがれ病院、少しだけご縁を感じ、著作から多大な勇気をいただく。つまり私の手術など、山下さんに比べたら。

 たった今、昨日、隣のベットに救急搬送されたボーイが足の手術で看護師とママに連れられて行きました。ボーイは早実の一年生ラグビー部FB。同級生に清宮幸太郎の弟福太郎が。サッカー部なら接触しないけどラグビー部と聞いてお友達に、早稲田だけど北島先生の本を貸す。ここにある本全部読んでいいよと許可も出す。ボーイに住まいを聞くと・・・ん?そこって環八渡れば八幡山じゃん・・・まっいいか。1984年から3年間、明治のSOは早実出身の佐藤聡で戦績は2勝1敗で早稲田に勝ち越しとる。ボーイ、北島先生の本読んで、八幡山に来たまえ。足を直してからな。

俺もいつか夜明けの風を連れて、若狭へ行くから。

おしまい。

本日もついてる 感謝してます。

 

f:id:chamy-bonny:20190715223836j:imagef:id:chamy-bonny:20190715223853j:image

f:id:chamy-bonny:20190715223902j:imagef:id:chamy-bonny:20190715223912j:image

コメント

シンイチさん「今回もすてけいなお話ありあとうございます。手術終えたら、仕事頑張ってください」

小田さん「「フリーの立場の原稿は締め切りとクオリティが生命。」この一行も浮き上がって見えました」

4741 みなさんのおかげです

7/7/19

意味はないけど、とりあえず笑っておこう。
昨日は荷物を運べず、縁石で途方に暮れていると、見ず知らずののおばあちゃんが、通りまで出てタクシーを拾ってくれました。
明後日には、昔の彼女が手術の成功祈願に僕の代理で千葉の流山まで汽車を乗り継いで行ってくれます。
今日は、お世話になってるスピリチュアル治療の先生が栃木からわざわざ来てくれて治療してくれました。お金は受け取ってくれませんでした。
みなさんのおかげです。
本日もついてる 感謝してます。

f:id:chamy-bonny:20190715223255j:imagef:id:chamy-bonny:20190715223305j:image

f:id:chamy-bonny:20190715223315j:imagef:id:chamy-bonny:20190715223326j:image

コメント

リエさん「実は、夫も先月19日にまたまた手術しました。というわけで、バイトもやめてしまいました」

4739 国防の想い出

7/15/18

かつて軍人病院に入院中、同室の兵士たち。

海上のSさんは東日本災害時には海上救助にあたり、現在はソマリアで海賊退治。

航空のYさんは、私と同じく耳をやられF15に搭乗できなくなり地上での教官に。

尖閣スクランブルが激増したと。

戦車の爆撃音でやはり耳をやられた広島の陸上のMさんは、今ごろきっと被災地で救援の指揮を取られていることだろう。残念ながら、まだ若いKくんは心労が重なり退官した。

海軍のモールス部隊、G隊長は猛暑の中、高速道路で働いている。

安城北朝鮮中学の同級生Aくんは舞鶴の基地から脱走したが、地元で名士の婿に入り自適生活。

同じく同級生のTは潜水艦乗りだったが、今では結婚もせず、親の財産で暮らす。

私は高3の時、試験に落ち、国防に至らず。自衛隊の方々、こんなに頑張っておられるのに、それを否定する人がいる。

そんなに邪魔にする真意は何ですか?

 

以下ネット記事

 

今日高槻市のコンビニに寄ったら自衛隊ジープが止まっていたので自衛隊員の人と色々話しました。

僕:「被災地に行くんですか?」
隊員:「被災地にも行きますが今日は被災地にヘリ飛ばしてるんでそのヘリの電源供給などの後方支援をこのジープでやってます。」
僕:「でもこのジープかなり古そうですよね。」
隊員:「そうなんですよ、実はこのジープ、エアコンついてないんです。今の季節エアコン無しの車で大阪の渋滞はめちゃめちゃキツイです・・・。」

びっくりしました。自衛隊員の人たちは上下長袖厚手迷彩服にブーツにヘルメット常時着用。(コンビニで買い物中もヘルメット着用のまま)
想像するだけで地獄です。

防衛省の上層部の方々、せめてカーエアコンくらいつけたげてください。
これじゃあ、応援に行く隊員の人が被災地での活動に全力あげられないですよ。

それから防衛費削減削減言うてる野党の面々はこういう現場の状況は知ってるんでしょうかね?

隊員の人が言ってました。最近でこそ自衛隊の存在を少しは世間に認めてもらえるようになったけど、阪神大震災以前はどこの現場に行っても石投げられてたと・・・。

別れ際に
「ご苦労さまです。日本国民の安全の為にこれからも頑張ってください。」
と言うと、隊員の人は
「その一言を頂戴できるだけで僕たちは死に物狂いで頑張れます。」
と返事されました。

自衛隊の方々、ほんまにお疲れ様です。
一日も早く、困っている被災地の方々を救ってあげてください。

f:id:chamy-bonny:20190715221952j:image

コメント

タケタニさん「自衛隊を批判する人間は往々にして社会に出て責任を持った仕事をせず、安全な場所から頑張る人間に石を投げる者が殆ど。いわゆる人生の敗北者であり、人間のクズ」

4738 本紙特派記者

7/15/17

本紙特派記者・安藤クン、ですと〜。
「ドラファンのオレは勇んだ〜」ですと。
まあね、学生ごときが書いた原稿ですから、プロさんが書き換えるのが、仕事なんでしょうけど、こんなダサい書き方は、学生時代のアタシでもしませんよ。
偶然、テレビで全星見てたら、懐かしい切り抜きが出てきましたので掲載します。

大学四年の時に、燃えるレフトスタンドという連載コラムを東京中日に書かせていただいた経緯があり、全星夢球宴の原稿を書かせていただきました。
ところどころ修正されてショックでした。

オリジナルはもそっとパンチ効いてました。
隣の女性は姉ではありません。

諸事情があり、本当にただ、お隣になったお姉さんです。

f:id:chamy-bonny:20190715221228j:image

f:id:chamy-bonny:20190715221156j:imagef:id:chamy-bonny:20190715221248j:image

f:id:chamy-bonny:20190715221301j:imagef:id:chamy-bonny:20190715221311j:image

コメント

ケイパール「ひえぇ〜〜〜〜〜〜っ誰ぇ〜〜〜〜〜〜〜っ🙈🙈🙈🙈🙈 笑」

裏「写真撮影は別人を送り込んだのだ。誰だか私も記憶にない。たぶん、そこいらにいた人」

ケイパール「そゆ意味じゃないのよ。お姉さまの代役の方に驚いてはいないわ。
安藤さんにびっくりたまげた‼️」

裏「Seashell Pearl さん、私の方も影武者よ。ホンモノ見たいなら、後で送るわよ」

ケイパール「いらないわ😃」

カンペイ「このヒゲメガネ、パーティグッズだな?」

裏「変装」

4737 TBSあり得ない杜撰

7/15/17

私もかつて、この局(TBS)のドラマの制作に頼まれて、アンティークの備品を貸し出した経験があります。20点くらいです。
で、収録が終わり、宅配便にて返品されたのですが、西日本時計のガラス製の振り子時計が壊れた状態で返品されました。
取り扱い要注意のガラス時計にもかかわらず、ほとんど梱包なし、ダンボールに詰めただけという、とんでもない、仕打ちに怒り心頭に達しました。
TBSの美術の人間の人のモノに対する態度の低さを知り、本当に怒りと、大切なコレクションをぞんざいに扱われた悲しさは、弁償の二文字では解決できません。
藤原紀香という人が出ていた番組です。

この記事を読んで、再び怒りが湧いてきました。

4736 マクドの水

7/15/17

『一杯の水 』というお話。

今朝、知人からの電話。昨日の太田区内のマクドでのこと。
何も買わない女子大生2人がカウンターで店員に氷水を所望。
店員は不愉快そうな態度で、「氷は差し上げられますけど、水はダメです」と言って、紙コップに氷だけ入れて差し出した、という。

どう思うか? と問われた。

店サイドから女子大生サイドを見る。

マクドだからお願いした。

吉牛では水だけ頼まないだろう。
携帯代払えるんだから、水くらいコンビニで買え。
水一杯は無料ではない、紙コップ、人件費、水代、氷代かかる。
非常識、図々しい。
並んでるお客さんに迷惑(ちなみに女子大生も並んでた)

女子大生サイドから見たマクド

ケチ。態度悪い。もうマクドには行かん、馬鹿王(バーガーキング)にしよう。

という構図が推測されます。

マクドの経営方針の真髄としては、これぞまさしく、ザ・ユダヤ商法。

ロス・チャイルド、ロックフェラーに見る地球上最強のビジネス成功法。

なぜ、世界中でユダヤ人が嫌われるか?
「もしチミがユダヤ人の家庭に招待されたなら、気をつけろ、水を一杯飲んだだけで、請求書が届くぞ」と広く言われている。
つまり、ユダヤ商法にサービス、無料提供という文言はない。

実際にユダヤ人の友人宅で食事を提供されても、請求書が来ることはないが、全てのサービスは対価と引き替えというのが、ユダヤ商法なので、守銭奴として嫌われるが、ビジネスとしては間違いではない。

されど、取り引きには心情が入る。

物言わぬ、パソコン上でのマネーゲームならいざ知らず、通常取引には、心情感情メンツが絡む。

だから日本には「損して得取れ」という諺があるけどユダヤ商法にはない。

この問答に正解と結論はない。

どちらも間違ってはいない。

ただ、疑問なのは、氷がOKで、水がNGという観点。
食中毒警戒なら氷もNGだし。
ただ、マクドの店員のムシの居所が原因だとしたらアウト。

ここで気持ちよく、店員が対応すれば女子大生は今度はバーガー買いに来るだろうし、目撃者もいい気分になり、またマクドを利用するだろう。

熱中症オンパレードの昨今、一杯の水が命の水になることもある。

マクドが有料客にのみ、サービスを提供する企業体質であるならば、それは違うだろう。
無作法ではあるにせよ、女子大生たちも、生涯で一度はマクドの有料客であり、明日の有料客になりうる逸材でもある。

太田区のマクドさん、
一杯の氷水が、単なる嫌がらせであるならば、店閉めた方がいい。

女子大生の無作法は私的には許容の範囲、歩きスマホ人間より100倍マシ。
これが私的結論です。

コメント

カンペイ「その女子大生が何時も他で食事を済ませ、何も買わずにwifi利用のためだけの常連であったとしたならどうかな?たまたまそこに居合わせただけの客には計り知れない事情もあるかもね」

裏「与えられた情報以外の推測は、この際できんからな。マクドもスタバでも、何も買わないワイハイ利用者は論外。コンビニや本屋でビニ本剥がして立ち読みするようなもの。そこまでケチを徹底したら、逆に大金持ちになれるかも」

クニアキさん「薬のみたい人かも知れないのに。私が働いてる時はサービスカップに水は喜んでサーブしてましたよ」

裏「普通そうですよね。水がダメって?です」

シチリアーノ「普通飲食店って浄水の水道と飲用不可の洗い用の水道が分かれてるんで、もしかしたらマックの水道は浄水用がないのかもしれません。(製氷機は浄水機能付き)」

裏「東京都の水道水なら飲めるでしょ〜」

クニアキさん「従業員も店の水道水飲んでます。厨房は半端なく暑い」

ブーくん「うちの経営方針は「損して得取れ」。実際そのおかげで多くの得をとっている。が。
そんなことより!毎回思うが安藤君の記事って最後まで読ませる力が半端ない。
大抵、長文は途中でやめちゃうけど君の記事は本当に面白い!高校時代、もっと仲良くなっていたら僕の人生が変わっていたかもしれない。などと思う」

裏「ブ〜くんありがとうございます😊まだ、遅くないよ、人生。俺、未投稿のシナリオあるさ。
青木がストミくんに、僕からの土産を託したので近々、届くと思います」

シゲトさん「先日、ガストでランチ食べてましたら、若い女性スカスカと入り込み飲み物の場所から
砂糖、ミルクを取ってお店を出て行った。これ、泥棒ですよね今の人間おかしい人多くなりましたね
爺もおかしいが、盗み次の人の事は多少ともきをつけて、行動してますよ!仕事がら各地の大浴場の研磨でお伺いしてますが、担当者さんの困り事は、大浴場のアメニティのお持ち帰りですよ(。>﹏<。)💦ボディーヘヤーシャンプー、ヘヤーコンデション3点セットが、無くなる為に3点セットを受け皿に
接着しても、無くなる為に、受け皿ごとチェーンでつないでありましたよ(。>﹏<。)💦今の世の中
一件裕福な生活に見えますが、本当に心の貧しい人が多くなりましたね、昔の貧乏人と今の貧乏人の差を考えますと、天地の差ですよね!実体験、貧乏人の生活の基本精神欲しかった買えよ、買えなかったら我慢しろよ、爺の独り言でした(。>﹏<。)💦おかしな世の中ですね止めてありましたよ」

裏「ガストの女性、それくらい度胸あるならば、銀行強盗にチャレンジすればいいのに、砂糖泥棒とは終戦直後ですね。中国で中国人はホテルの備品、テレビとか冷蔵庫まで持ち帰るそうです。
私は雨の日、コンビニやファミレスに行く時に傘立てに傘を置き去りにしません。かなりの確率で、傘を盗まれます。だからいつも横に置きます。あれもひどいですよね」

 

ヨシミ「こんにちわ〜昨日、リハビリワーク4時間しただけで、今日は山登りした明くる日みたいな体調でゴロゴロしてますよ~社会と繋がるってのは楽しいよ💕マクドの話。
きっと、氷だけ渡したのは、その店員の意地悪だと思われます。スマイル0円て書いてあるけれど、その店員は、きっとスマイルしない性格なのでしょう。たかが水。されど水。
気持ち良くあげて欲しいですね。もしかして、喉がカラカラに乾いて、お金が無かったのかも知れないよ。ハンバーガー頼まずに水だけ。それには、ちゃんと事情があったと思いたい」

裏「リハビリご苦労様でした。アタシは何もしなくても、朝はカラボロですよ。下北沢に客にトイレを貸さないローソンがありほどなくして潰れました。コンビニもマクドもその他商店もデパートもモノや料理を売ってるだけではないのですね」

ヨシミ「芭蕉様。トイレを貸してくれないのは大変でしたね~お察し致します。
水だけのお客様には氷しか渡さないなんて、絶対そんなマニュアルは存在しないと思います。
昨日リハビリワークしたのですが、反対の立場が2年位あったので、患者さんの気持ちが痛いほど解るようになりました。しんどくて来ているのに、冷たいやり取りで受付された事。後ろの方で楽しそうに雑談している人達。そう言うのが患者としては、イラッときましたね。
それと、血を頭から流している子供を抱っこして、汗まみれで駆け込んで来るお母さん。私は、応急処置をしてほしかった。でも、「ここは内科なので、適切な医療機関に行って下さい。」と、師長が言う。寂しかった。いくら内科でも、医療の知識があるのだから、せめて応急処置だけでもしてほしかった。リハビリワークの私は何も言えず、拳を握りしめていた」

裏「これも、全て、神様が強くなるように、と、与えてくれた試練よ気づきですね。全て、おっしゃる通りです。後ろの雑談、冷たい対応、マニュアルマニュアルマニュアル。困ってる人にマニュアルは時と場合。自分や、自分の子や親がその立場ならどうか?想像力。
2号ちゃんが子供の頃、夜中に発熱。救急車より自家用車の方が早いので、児童専門病院へ。
ところが予想以上に病人が多く、救急車がどんどんくる。病院は救急車の患者優先なのは知ってるけど、2号ちゃんも相当ヤバい。看護婦に子供見せて、呼吸も苦しそうなので、なんとか早く診てください、と懇願しても救急車が最優先。4時間以上待たされて、子供は苦しんで、診た医者の第一声が
「どうして、もっと早く連れて来なかったの」だと。

さんざん、看護婦にお願いしたやんけ。「お父さん、実は救急車でくる子は、あんまり大したことないです。でもこの子は完全に救急車レベルですよ。遠慮してる場合じゃない」と逆に叱られたw。

まあね、こちらも救急車より早いと思い、自家用車飛ばしたんだけどね。看護婦もさ、医者に取り次ぐと、それはそれで、叱られるのかもしれないけどね。だから、頭から血のお母さんの気持ちがよくわかります」

ヨシミ「2号ちゃん大変だったね。そんなん。救急って言っても、必死ですがりついても、のんびりした対応で「問診票にご記入下さい」なんて言われるので、ガクッってくるよね。
想像力だね。相手がどんな気持ちになっているか。何も出来なくても、安心させる対応。ヤバいと思ったら、早急な対応。それが大切だと思う」