少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1097 霊波之光通信4(アスペルガー症候群)

本日5/22、新横浜の霊波之光教会にてOさんの満願の御神酒をいただき、入院中のOさんに、お届けにあがりました。
以下、Oさんとのメールのやりとり。
「朝から、何故だか、鳥肉のももにがぶりついている自分が見えます」(Oさん)
「すみません、それは僕の責任です。朝食に真空パックの鳥のももを食しました。いま新横浜を出ました。これから、そちらに向かいます」(安藤)
「あははは、ありがとう」(Oさん)
本日、東京は冷たい雨。東京スカイツリーの初日入場者見込みは20万人とか、朝のニュースで言っていたけど、一日でそんなに登れるものなの?役人の見込み・・・って、責任問題にならないからテキトーでお気楽だよね。まっ、おいらには当面、関係ないからどーでもいいや。
とりあえず、ユーミン呉田軽穂)作詞作曲で唄、徳永英明さん。
瞳はダイアモンド」で和みましょう。

「THE REIHA」(機関紙2012/5月号)より体験談の抜粋。
山形市の鈴木Mさん(実際には本名で表記)67歳女性は、同居していた次男が勤めていた会社で仕事中の事故が原因で解雇された。その後、次男は転職を繰り返して、次第に無力感に襲われ、生活も乱れ、時折、大声を出して感情を爆発させるようになった。
そんな中、知り合いから霊波之光の話を聞いた鈴木さんは平成20年にお繋がり(入信)した。その後も次男の問題は解決されぬままだったが、平成22年6月、御聖旅祭に夫婦で支部に参拝し祖先浄霊御祈願を受けたところ、その日を境に次男は一切暴れることがなくなった。
そして、それまで、両親が病院や市役所に次男の件で相談に行っても解決できなかった問題が、専門医により「アスペルガー症候群」と原因が特定され、専門家による治療が開始され、現在、次男はアパートで自活もできるようになり、社会復帰を目指している。
アスペルガー症候群=一言で言うと「知的障害のない自閉症」だそうだ。ウィキペディアで調べましたが、あまりにも膨大でまとめることができません。ただ、他の精神障害と誤診されることが多いそうです。興味ある方は調べてください。軽く半日かかりそうです。
ここでやらかい唄でも聴きましょう。
ユーミン呉田軽穂)作詞作曲、唄は徳永英明さんで、「赤いスイートピー

本日も、スイートピーのような穏やかなこころで・・・。
追伸・・・新発売のノンアルコールビール「サッポロ・PREMIUM/Black」を飲んでみました。ノンアルコールの黒は日本初ですな。まあまあでしたが、やっぱり、サントリーのオールフリーの方が美味いですな。