少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1517 認定トライ〜明治vs早稲田 100回メモリアルマッチ

いんや〜、素晴らしいゲームでした・・・・。と明治が勝ったから言えるわけで、あれで負けた日にゃ〜お通夜でしたわ・・・。
本日は明治大学vs早稲田大学の公式戦100戦目のメモリアルマッチ。大正12年の第1回大会から始まる関東大学対抗戦試合は、今回が88回大会で、通算成績は明治の36勝50敗2分け。大学選手権での両校の対戦は過去12試合で明治の7勝5敗。トータルで明治の43勝55敗2分で、借りが12白星。まだまだ頑張ってもらわねば・・・。

いろいろと動画を探しましたが、意外と、あまりいいのがなくて結局、平成元年の大学選手権決勝の、吉田義人(現監督)の4人抜きトライ。明治はそのまま逃げ切り大学日本一になりましたが、当時は3年に小村淳(神戸製鋼)2年に永友洋司(サントリー)1年に元木由紀雄(神戸製鋼)と、いずれもジャパンクラスがいて、いわゆる黄金世代。そのシーズン(平成二年)の明早戦は、タッチに蹴ればノーサイドというところ、吉田のキックミスで、最後の最後で今泉に激走され同点トライを許した、悔やみきれないシーズンでした。
とまれ、本日は、平林泰三レフェリーの不可解なレフェリングにやきもきしながらも、後半42分、インジュアリータイムのラストワンプレーで劇的なトライ、そしてゴールを決め、33-32の大逆転にて、明治大学vs早稲田大学の公式戦100銭目のメモリアル試合を白星で飾れたこと、嬉しく思います。
特に後半のスクラムで、早大FWを粉砕した認定トライは圧巻でした。
本日は、明治大学校友会世田谷支部会の集団応援で盛り上がり、アフターファンクションでは信濃町の銀行会館でOBの方のご厚意で安価でホテル並みの料理とお酒をいただき、安藤総理「ダイエッ党」(後記します)は前半二日目にしてディフェンスの甘さから、ワセダにノーホイッスルトライされた感じ。でも最高のパーティーでした。
また、ブログフレンドの「ruglove2019さん」ともスタジアムでお会いできましたこと、大変うれしく思います。ruglove2019さん、わざわざ席まで来てくださってありがとうございました。彼のブログ「枯れた芝生の匂い」に、本日のゲームの内容が、第三者の目で、綺麗に書かれていますので、ぜひ、読まれてください。
http://d.hatena.ne.jp/ruglove2019/
安藤がデイリースポーツの記者時代に北島忠治先生のゴーストで書かせていただきました。興味ある方はお読みください。
http://d.hatena.ne.jp/asin/4862551092