少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2161 懲りないおっさん森喜朗

「あの子は大事な時に必ず転ぶ」「負けると分かっていた浅田選手」


このオッサンの問題発言癖は今にはじまったことではない。
このオッサンって、東京五輪パラリンピックの最高責任者なんでしょ。
はじめから??????????????でしょ?
橋本聖子じゃアカンのかいな?


森喜朗、ほんとうにウサンくさいオッサン。
総理に就任した時だって、意識不明の小渕前総理から、密室で任命されたとか、そんなの今どき、小学生でも信じない強引な手法で就任しやがってさ。
噂の真相」では、過去のこととはいえ、「買春」で検挙の過去までバラされ、それでも偉そうに総理大臣かい。だから息子さんも・・・おっと、この話はタブーね。興味ある人はネットで検索してください。
息子事件で政界を引退したかと思ったのに・・・。


それに、このオッサン、自称、早稲田のラグビー部の出身らしいが、もし、本当に4年間、早稲田の体育会ラグビー部に在籍していたとしたら、それこそ早稲田ラグビーの恥、ラガーマンの片隅にもおけないね。日本ラグビー協会の会長も兼務で19年のラグビーW杯、大会誘致委員長だけど、とっととお引き取り願いたい。


当方、浅田真央ちゃんのファンでもなければ、オリンピックおたくでもない。しっかし、元総理が公の場での発言としては品格のかけらも、思いやりもない。しかもスポーツ通だとか、元早稲田のラガーマンだとか、適当な放言を政治の票取りに使う厚顔無恥なオッサン。見ててわかるでしょ。
スポーツというさわやかなイメージから、宇宙で一番かけ離れている存在。猪瀬君の五輪都知事より大問題。こいつは許してはいけません。
今回の発言は一事が万事。こいつ、アスリートのことなんか、ぜ〜んぜん思ってませんから・・・


ーーーーーネット記事転載ーーーーーー


森喜朗元首相は20日、福岡市での講演で、ソチ五輪フィギュアスケート団体について「負けると分かっていた。浅田真央選手を出して恥をかかせることはなかった」と述べた。さらに女子ショートプログラム(SP)で16位だった浅田選手を「見事にひっくり返った。あの子、大事なときには必ず転ぶ」などと評した。

 森喜朗元首相の講演でのフィギュアスケートに関する発言10+ 件要旨は次の通り。

 頑張ってくれと見ていましたけど(浅田)真央ちゃん、(ショートプログラムで)見事にひっくり返りました。あの子、大事なときには必ず転ぶんですね。

 日本は団体戦に出なければよかった。アイスダンスは日本にできる人がいない。(キャシー・リードクリス・リードの)きょうだいはアメリカに住んでいるんですよ。(米国代表として)オリンピックに出る実力がなかったから、帰化させて日本の選手団として出している。

 浅田さんが(団体戦に)出れば、3回転半をできる女性はいないから、成功すれば3位になれるかもとの淡い気持ちで出した。それで、見事にひっくり返ってしまった。

 その傷が残っていたとすれば、ものすごくかわいそうな話。負けると分かっている団体戦に、浅田さんを出して恥をかかせることはなかった。

 転んだ心の傷が残っているから、自分の本番の時には、何としても転んではいけないとの気持ちが強く出たのだと思いますね。勢いが強すぎて転んでしまいました。(共同)

 [2014年2月20日19時20分]

ーーーーーー以上ーーーーーーー


「少数派日記」の読者さまなら、すでにおわかりでしょうが、安藤総理はソチの冬季五輪にまったく興味がございません。「日記」で取り上げるのはこれが最初です。どのチャンネルひねっても、「にわか五輪大スキコメンテーター」と局命令のアナウンサーや司会者やリポーターがにわか知識で絶叫するばかり。画面に映る、ガラガラのスタンドを見れば、どれだけ現地が盛り下がっているかがよくわかりますね。一部のマニアと、テレビとスポーツマスコミに踊らされた人たちだけの祭典です。


昨夜は口内炎と喉痛、それに止まぬ吐き気、加えて、隣のベッドの爺さんが、読書灯を点けたまま消さずに寝やがって、こっちはぜんぜん眠れず、仕方なくNHKを点けたら、ちょうど真央ちゃんの出番でした。


なんでも自己最高得点を出したそうで、よかったね真央ちゃん・・・です。「勝負は時の運」。バッカみたいに、マスコミはメダルメダルと騒ぎすぎ。
総理が子供のころは「オリンピックは参加することに意義がある」と教えられました。バカマスコミの視聴率目的の過剰報道には辟易です。


逆に、出場したアスリートたちがメダルにこだわるのは、ある意味当然です。だからこそ、「金」を逃して「銀」や「銅」を獲った選手が喜ぶ姿はまったく理解に及びません。負けたのに、何故うれしいの??????
だって「金」以外は、全員負け、全員敗者でしょ・・・。2位、3位でも嬉しい・・・って、共産圏でさ、「銅」でもメダル獲れば年金がもらえる国の選手なら、それも理解できますけど・・・アスリートとして、「銀」「銅」は悔しがるところじゃないでしょうか。


野球だってゴルフだってボクシングだって、チャンピオンと2位は雲泥の差ですよ。受験生だってさ、東大目指してたヤツが、本命に落ちて、ワセダやケイオーに受かったって嬉しくないのと同じじゃないのかねえ・・・。
まあ、話は飛躍しましたが、森何某は、新橋の居酒屋街に放流して、政界財界スポーツ界から、永久追放と願いたい。これ、マジに国民とアスリートたちのためだと思います。