読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2558 哀しき流れ雛

雑記 行動派日記 食生活

2017/3/3  FB投稿記事

 

桃の節句
笹塚駅から寒風に吹かれ歩いて帰る。

どこの地方だったかなぁ、
役目を終えた、美しい雛人形たちが、木製の小舟に積まれ、供養という名目で、波にのり、沖へ沖へと流されていく。
お内裏さまとお姫さま、男女に分かれ、二艘の舟に何体も、山にして積まれる。そして船尾は縄で結ばれ離れないように、一緒に、沖へ沖へ。
その哀れを、元持ち主の女たちが浜から見送る。
なんとも哀しい光景。なんと残酷な風習。

あれは、一体何であろう?

我思う。あれは人形屋さんの差し金。ひとりの娘にひとつの雛飾り。姉妹、母娘で使い回しにされては商売上がったり。だから、どんどん廃棄してもらわないと、ラインが回らない。
まだ美しい盛りの娘子たちが何故、冷たき波の果て、海底の藻屑と化さなければならない道理があるのだろうか?
モノ言わぬ可憐な唇たち、別れたくない、沈みたくない、無くなりたくない、そんな声が聞こえぬか?
職人という母に顔をいただき、華麗を纏い、娘に愛され育て育てられ、桃の季節の晴れ舞台に、永い冬を寝、されど、やがて深い海の底ヘ、哀し。

結局、置き場所もないからだろう。それもreason。

問題は晩ご飯。そういえば冷蔵庫にカレーのルーの残りがあったなぁ。よし、カレーうどんだ。
去年の中元にもらったウドンは記憶違いでソウメンだった。
それはいい。
問題は、カレーのルーだと思っていたのは、ビーフシチューの欠片だった。
で、できたのはやっぱりビーフシチューソウメンだった。
昔買った、ドンクのパンが出てきたので二切れつけてみた。今年の桃の節句。流れ雛を偲びつつ、独り地下にて汁をすする。