少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

566  伊達直人

まさかこんな日が来るとはね。どこのマスコミより詳しい伊達直人情報を1カ月ほど前に連載しました。きっかけは海老蔵事件でした。海老蔵の化けの皮をはがそうという内容だったのですが、タイガ―マスクの皮をはがそうという原稿を書いていたら、思いの外、乗ってしまいました。タイガ―マスクの裏話です。読んでいない方は、タイムリーネタなのでぜひどうぞ。
2010/12/01〜02。ブログタイトル「化けの皮2〜6」です。
僕は新品のランドセルを買う財力はないけど、年間、小学6年生の人口と同じ分だけのランドセルが日本で廃棄となる現代。なんとか途上国の子どもたちに寄付する方法はないものか、と数年前から、各分野の財力者に持ちかけていますが、未だ実現に至っておりません。
ランドセルは無料でいただけるとしても、集配、輸送、現地配布・・・とそれなりの費用が莫大にかかるのです。
日本政府はODAなどの名目で莫大な現金(税金)を途上国に支援していますが、その金は相手に渡った時点で、何に使われるか、内政干渉という名目で実態調査もできぬまま、軍事費用にされたり、政府高官のポケットマネーにされたりと、結局は末端の本当に必要とされている人々に行き届かないのが、歴史的な実態です。だったら、現物支給。特にランドセル、文房具、粉ミルクなんかは政府高官も興味の対象外。必ずや、必要としている、子どもたちの元に届くことでしょう。
タイガーマスク運動を組織化したらどうか」なんて、本当にバカとしか思えないことをテレビで言っているアホ評論家もいますが、組織化なんかしたら、結局、本当に必要なところに行かなくなる。これは直接、孤児院に届けられるところが素晴らしいのです。ちょっと強引だけど、臓器移植も同じです。売買などの不法を取り締まる機関は必要ですが、海外移植を厚労省が独占的に組織化するから、本当に、移植を必要とする人々に届かなくなる。患者の立場からすれば、どちらがいいのか、聞くまでもありません。