少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1098 霊波之光通信5(大腸癌)

5/23 快晴の東京
「風のない 線路道 五月の美空は 青く寂しく・・・」
私の自宅のある笹塚の線路道をイメージしたコブクロの「蕾」。
こんな素敵な、動画を見つけましたので、まずは和みましょう。

作日5/22に送られてきたメールです。
皆さん、おはようございます。
横浜支部のOOです。
昨日の金環日食は皆さんご覧になられたでしょうか。横浜はあいにく、しっかりと観察できませんでした。雲間からわずかに見えましたが。
二代様より結合の祈りは世界平和の祈りと御教え賜っております。
正午12時には心を合わせて世界平和の結合の祈りをさせていただきましょう。声を出せない時には、心のお祈りをさせていただきましょう。
体験です。
Aさんはここ暫く便秘が続くため、かかりつけの病院で検査を受けたところ肛門付近の直腸が半分以上ポリープで塞がっていたので総合病院を紹介されました。
より詳しい検査をした結果、大腸癌でお腹にも転移している疑いがあると診断されたのです。検査ではポリープが腸壁の深い部分まで食い込んでいた為、手術で切除する事になりました。
しかし、医師よりポリープが肛門付近にあるため、切除した後は人工肛門になると説明を受けたのです。
Aさんの手術は6月2日に行われました。執刀医が手術部位にメスを入れて開いたところ、何とポリープはブラブラと腸壁にぶらさがった状態になっていたのです。このためAさんはポリープだけを切除して人工肛門になる事無く手術を終了する事が出来ました。
6月8日の御聖旅祭にAさんの娘のBさんが、入院中のAさんに代わりAさんの母方の先祖浄霊御祈願をさせて頂きました。
Bさんは式典中に不思議な現象を頂いたのです。
突然、真っ黒で帯状(おびじょう)のようなスクリーンが現れて「女の人と御守護神様が現れて消える光景」が写し出されました。
そしてビデオ上映で御守護神様の御声が流れて合掌してお祈りしている時に、洋服の背中の部分がゆらゆらと揺れ、太鼓の音が鳴りおじぎをした時に「ブゥー」と女性の声を出して何かが出て行った感覚があり、その後は身体がスッキリしたのです。
更にこの夜、寝る時に目を閉じたらとても綺麗な光が6個ぐらい出ては消えるなど繰り返されとても落ち着いた気持ちでBさんは眠れるなど体験を頂きました。
6月10日にAさんが切除したポリープの病理検査の結果の説明を受けました。医師より癌細胞があれば今度こそ人工肛門だったのですが大丈夫でした。運がいいですよと言われ、6月12日に無事退院する事が出来ました。
以上です。
ここからは安藤です。
この「霊波之光通信」は情報の伝達の範疇として理解してください。
僕自身も特定の宗教の信仰ということに対して、当初はかなりの「自己抵抗」がありました。しかし、入信のきっかけが「友人の生命の危機」だったこともあり、まったく何の抵抗もなく、入信できたことに、今では感謝しています。三次元で言う「奇跡」が、この宗教ではごく日常的に起きているのです。ただ、それを伝えたいということと、伝えることが使命だと感じています。
それでは、本物のコブクロで聴きましょう。「蕾」

昨日5/22、Oさんを見舞ったときの会話。
「昼間な、うとうとしとったら、ここをな(と言い、右の二の腕のあたりを指さして)誰かが、とんとんって指で軽くたたくんや。三回か四回あったで、そんなことが・・・」(Oさん)
「御守護人様、来てくれたんかな」(安藤)
「そうならええけどな。私、もう、ホンマに時間が無いんや。はよ来てくれたらええねんけどな」(Oさん)
「って言うか、もう来てくれていますから」(安藤)
「ホンマ・・・?」(Oさん)
「もう感じているでしょ」(安藤)