少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1184 Aさんのドーム観戦記2

手荷物検査を終え、いよいよドーム内に入ろうとしたA氏にオレンジの読売カラーのチョッキを着た女が声をかけてきた。
A氏「・・・ん、今、わしになんか言ったか?」
女係員「いえ、ようこそ東京ドームへいらっしゃいまして、ありがとうございます・・・と申し上げました」
A氏「なんだ、皮肉か?」
女係員「とんでもございません」
A氏「んじゃあ、文句でもあるのか、この野郎・・・」
(野郎ではありませんが・・・)
女係員「いえ、特にございません」
A氏「だったら、気安く声かけんじゃねえぞ、無礼者!」
(私から見たらA氏の方が無礼者ですが、すでにスイッチオンの戦闘態勢なので、よく確認もせず、Aさんに入場券を売ってしまった主催者側にも大きな問題があるようです)
A氏に直撃しました。「どうしてそんなに凶暴なのですか?」
A氏「東京ドームとは後楽園球場時代から積年の恨み辛みがありましてね、パブロフの犬のごとく条件反射で戦闘モードに入ってしまうんですよ。いやいや大人気ない・・・」
インタビュアー「積年の恨み・・・と申しますと?」
A氏「まあ、理不尽な出入り禁止とか、職員の無礼な行為とか、今回の1億円事件とか、ナベツネ問題とか、落合問題とか、詳しく聞きたければ、ゼニ持ってきてくださいな」
インタビュアー「つまり、ゴルゴ13が背後に回られた相手に対して反射的に攻撃するようなものですね・・・」
A氏「おっしゃる通りです。係員たちも阪神戦ではピリピリしていますが、それ以外の他球団の試合となると、ナメているというか、気を抜いているというか、無礼者が多くて困ります。あと私自身のバイオリズムも低調なので、今夜は暴れないように気をつけます」
A氏は外野立ち見席券で入場したが、なぜか三塁側内野指定席でごゆるりと観戦する。
そして今宵はA山学院大文学部2年のMHちゃんから4杯目のビールを買う。彼女が売るのは、あまり好みではないサントリービールだが、彼女は好みのタイプだ。東京ドームのビールは一杯800円のボッタくり。ダフ屋を取り締まるなら、こっちも取り締まっていただきたいがMHちゃんに免じて許してやろう(寛大だ)。もちろん、この料金にも、GというチームのHとう監督が反社会組織に渡した1億円の一部が含まれることになる。つまみはTが店から持参した塩大福2個だった。(つづく)
ごぞんじ、我らが宮ちゃんのファイト〜いっぱ〜つ。