少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1570 カウントダウンクリスマス3

カウントダウンクリスマス・・・カウント3です。
一年前のクリスマスと比べて見て、虚しさを募らせたいと思います。
( )が本日の日記です。

「868 笹塚のクリスマス(2011/12/25より)」


居場所が無いのは何も僕だけではない。身近なところでは、レッド・キング、確か君もそうだよな。それと錦糸町尾張屋のT。君もマンションの同じフロアにもう一部屋借りた口だね。それでいいのだ、世の中、そんなに甘くはないぞ。
(幸福比較論を用いて、他人と比較する論法だな。自宅の芝より枯れた芝生を探す作戦。あるいは、同病相哀れむ・・・とも表現する)


クリスマス前に賀状80枚も書くなんていつ以来だろうか。ものごごろついてからはないぞ。いつも紅白見ながら徹夜だったから、自分がとことん暇なバロメータである。
(年賀状だけど、今年は夏ころから構想を練っていたけど、結局考えがまとまらず、本日、今年は市販のものでごまかそう・・・と思い、買いに出たけど見つからず。したら、駅前の印刷屋さんで、オリジナルのデザインを見つけました。気に入ったデザインが二種あり、それぞれ80枚ずつの計160枚を注文しました。昔は400枚くらいは出していたけど、年賀状の数が不況を物語っています。さてツーバージョンですが、みなさんの家にはどちらが届くかな?でも所詮は既成のものですから、あまり期待はしないでください)


居場所がないので賀状を出しがてら外に出る。出がけにヤクルトおばさんが来た。おばさんといっても若い、二十代だろう。先日、来てサンプルを置いていった人だ。その時、僕がミルミルの人参味が好きだ、と言ったので「お持ちしました・・・」と。好きとは言ったけど、買うとは言うとらんのよ。でも目がキラキラで「まだ始めたばかりで」と泣き落とされ7本650円で買う。賞を獲ったら自転車ごと買ってあげるけど、今は痛い出費。いずこも世知辛い。そして、一本飲む。懐かしい味だ。
ヤクルト担当時代、神宮球場の記者席にはタフマンやらジョワが置いてあって自由に飲めた。ジャーナリストが賄賂もろうてた・・・ってことだよね、今から思うと。でも、ヤクルトで何年か食わせてもらっていたから650円は痛いけどしゃーねえか。
(あれから、一度も見かけていません。どうしちまったかな〜あのヤクルトおばさん)


そんなわけで賀状をポストに入れ「どっか100円で昼飯食えるとこねーかな」なんて独り言いいつつポケット手にフードまでかぶり猫背で笹塚をうろつくが、そんなとこあるわきゃないか。
結局、入ったのが先日見つけた「バクテキ笹塚店」。言うなれば人生の終着駅だ。時刻は午後2時少し前。むさくるしい40代、50代、60代の男ども。みなホームレスとボーダレス(境界ぎりぎり)だ。どいつもこいつも精気がまるでない。ジョージアではないが「おとこ〜がんばれ〜」だ。
どいつもこいつも食べているのは380円のランチばかりじゃねえか。いい歳こいたおっさんどもが。頼む、誰かひとりでもいい、ランチ以外の550円のステーキ定食を注文する男気を見せてくれ。しかし、店内約12〜13人の野郎どもは380円のランチ、ランチ、ランチ攻撃。むろん、僕もランチの波状攻撃だが・・・何か?BGMはヘビメタだ、ヴァンヘーレンだろうか?ピンクフロイドだろうか?そっち系はうといのだが、そんなノリ流しても誰も550円は注文できないぞ。
が、隣のおっさんはややリッチ、アイスコーヒーを注文しやがった。
清算すると、ドリンクのただ券をいただいた。隣のおっさんの謎が解けた。しかし、こんな券までいただき、なんだか申し訳ない気分になってしまった。
(おお〜、ここだけは昨年より大進歩。ダイエッ党党首になったため、もう外食や晩飯のことは考えなくてよくなった。だったらもっと早く結成しておくべきだったな、バクテキのお世話にならんで済むわい)


駅前でサンタを着た売り子がケーキやらチキンやらと大声で叫ぶも僕の耳にも目にも入らない、いや入れない。寂しいので100円ショップに入ったら、タイ製の切り餅が6個入りで100円だった。いいじゃんこれ。まだ残っている白菜と一緒にナベにすれば100円でメシが喰えるぞ。まさにドリカムだ。試しに一袋買う。
(このあたりはまったく進歩ねえ。100円も餅は、そりゃ〜嬉しかねえ)

カラオケに行きたい気分を抑え、自宅一階の店舗を片づける。「またやろうかな、骨董屋」などと中島みゆきを聞きながら作業する。とにかく寒い。しかし、まだ生きている。
(骨董屋はやらないで正解かも。今は動くだけで経費倒れとは、骨董の師匠「埼玉拾得」さんの情報。そして今年も「まだ生きている」)


この唄を聞いてがんばりましょう「ファイト」

みゆきさん、数少ないクリスマスソング。

「少数派日記」は社会派エロブログです。現実を見るにつけ、すべてがハッピーエンドというわけにはいきません。ジングルベルの聖夜にも、地球のあちこちで不条理がまかり通っています。
ほんの気持ちで、かまいません、世界の子どもたちの命のために、クリスマスプレゼントをお願いします。http://www.savechildren.or.jp/contribute/index_a.html?utm_source=yahoo&utm_medium=CPC&utm_campaign=overture