少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2109 従軍慰安婦・橋下市長と籾井会長

まずはネット配信記事から・・・転載



NHK会長発言「まさに正論」=維新・橋下氏

時事通信 1月27日(月)15時44分配信


 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は27日、NHK籾井勝人会長が旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐり「戦争しているどこの国にもあった」と述べたことについて、「籾井さんが言っていることがまさに正論。その通りだ」と指摘した。市役所内で記者団に語った。
 橋下氏は「あの主張に対して反論できる人は、いないと思う。僕が言い続けてきたことと全く同じだ」と強調した。


ーーーー以上ーーーー


・・・ということになりますよね。
ゆえに、従軍慰安婦問題について、反橋下派は、当然「けしからん」という構図になりますが、両者とも歴史的事実を述べたまでで、賛否で言えば「否定」している。ひとことも「賛成」とは言っていない。
一体、どこがどう問題なのか、どなたか説明していただきたい。


ただし一方で、籾井会長の特定秘密法案保護法に対する容認なる姿勢と、政府の方針に従うかのような報道方針には、重大なる違和感と嫌悪を感じる。
これがNHKの馬脚、政府御用達報道機関の噴飯。まともな局員ほど、アホな報道姿勢にブチ切れて、無意識に帰宅の地下鉄で自宅と逆方向の汽車に乗って、気付いたら、女性の乳揉んで、尻触って、ハイ御用・・・なんて事件もありましたね。NHKの局員にやたら痴漢やセクハラが多いのは、案外、そのせいかもね。