少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2613 舛添の悪業

4/25-16  FB投稿

都税局から、滞納してる固定資産税払ってくれと電話あり。
義務ですから、そら払いますけど、これが舛添の豪遊海外旅行の原資になるのかと思うと本当に悔しい。祖先様にも申し訳ない思いです。嗚呼、俺だってラグビーW杯決勝、準決勝見たかったw。素人の舛添が見てどうするよ。しかも2日間で入場料129万円って正規価格じゃねえし。東京都都条例ではダフ屋行為は禁止のはず。エッ、買ったのは東京じゃなくてロンドンだと?フ〜ン、じゃあ文春さんの出番ダネ!

 昨年4月から1年間で週末湯河原温泉旅行、実に49回ですと。
学会幹部の妻がオーナーを務める温泉ですと。
自費で行くなら文句ないけど、公用車使用、往復8万円で、合計400万円ですと。まさか、宿泊費や飯代まで公費じゃなかろうな?いや、こいつならあり得る。早く、一刻も早く辞めさせないと、税金全部喰われちゃう。

以下コピペ

公用車で毎週末湯河原へ待つは本妻?はたまた愛人か?
*******************************************************************
往復の飛行機はファーストクラス、宿泊先は高級ホテルのスイートルーム、年間の海外出張経費は3億5000万円也……舛添要一東京都知事(67)の「豪華すぎる海外出張」へのブーイングが日に日に高まっている。だが当の舛添氏は、4月12日から18日まで例によってファーストクラス&スイートルームでニューヨーク、ワシントンを外遊した。そんな折、小誌にある「内部告発」がもたらされた。

「舛添都知事は週末に東京を離れて、公用車で湯河原にある自分の別荘を訪れている」

 小誌が早速、情報公開請求によって、舛添氏の公用車の運転手が移動経路を記録した「庁有車運転日誌」を取り寄せたところ、驚くべき事実が判明した。

 この記録と小誌の取材によると、舛添氏は、昨年4月からの約1年間で、実に49回にわたって、毎週末、公用車で、温泉で名高い神奈川県湯河原町にある別荘を訪れていたのである。都内のハイヤー会社によると「都庁と湯河原の往復で約八万円かかります」というから、その総額は単純計算でも400万円を超える。

 問題の別荘は、舛添氏の妻が代表取締役を務め、自身も役員を務めるファミリー企業が所有しており、敷地面積は約三百坪。温泉もひいているというが、舛添氏はいったいここで何をやっているのか。そもそも、都知事が毎週末、都心を離れることに危機管理上、問題はないのだろうか。舛添氏は、知事秘書室を通じて、次のように回答する。

「知事の職責は都政全般にわたる広範なものであり、時間や場所を問わない。週末には、その週の業務のまとめと翌週の公務のための準備を世田谷や湯河原の事務所で行っている。危機管理上万全の体制を講じており、問題ない」

 舛添氏に、都知事として1300万人の都民の命を預かる責任者としての自覚はあるのだろうか。