少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

入院

3313 引退ボクサー

4/16-18 消灯まであと2時間、焦る〜。歴史をひもとく作業。資料読みながら前後左右の時代交錯が脳みその中でスクランブル。 1時間読んで、1時間書く、30分横になって脳休めてを三回転。 その合間に治療、シャワ、シーメ。 で、明日また手術ですと。昨年12月…

3309 氷見の看護婦

4/14-18 私専用の仕事場です。 ところでFBFのみなさまこんばんは。間も無く消灯じかんです。ところで、今朝書いた看護婦さんとのやりとりですが、今晩はその子が夜勤とのことで、今しがた挨拶に来ました。 で、僕にどうしても聞きたいことがあるそうです。 …

3308 永すぎた看護婦

4/14-18 FBFのみなさま、おはようございます。今朝は病人の好きな曇り空、5:22起床。 28歳、中でも一番明るい看護婦さん。「チミの元気の源はな〜に?」「え?あたし、元気に見えますか?」「いやいや、チミが病人なら、ここの患者は全員死人よ」「あ〜でも…

3306 僕らはみんな生きている

4/12-18 早朝から「メシを喰わせてくれ〜」て大声で叫び続ける腹ペコ爺さん。ミネラル水を頼まれたのに間違って炭酸水を買ってきて、息子に叱られる年老いた母。目の手術を終えたばかりなのに、文庫本を読みふけり看護婦さんにどやされる爺さん。髪の毛を切…

3300 I shall return

4/10-18 FBFのみなさま、おはようございます。 「I shall return 」(私は必ずやここに戻ってくる)ダグラス・マッカーサーGHQ最高司令官の名言ですが、この言葉とマッカーサーは結びつくのですが、それがどこで、どのような状況で発せられたのかは、あまり知…

3298 入院前手術

4/9-18 いきなりだ〜!「投薬でダラダラ治すのと、手術して早く治すのとどっちがいい?」て聞かれました。 「あり得ない厚遇」(看護婦さん)だそうですが、自分でもそう思います。 予約なしで直接病院に行き、受付で2時間待ちを宣言されたのに10分で呼ばれ、…

3297 北沢警察の偽警察官

4/9-18 宗教病院 なう、2時間待ち、ヤクザ本読む。 今朝の話、中野通りでタクシー待ち。中野通り沿いに可愛いレンガ造りの二階建て一軒家あり。 玄関前に犬やら、小人やらの可愛い置物が並ぶメルヘンの家。たぶんおばあちゃん独り暮らし。実は我が家1号ちゃ…

3266 大河の一滴

2/27-18 FBFのみなさま、おはようございます。2/6より、22日間、お世話になりました立正佼成会佼成病院、5階デイルームともいよいよお別れです。そのまま安城へ向かうため、次回の通院は2週間後になるため、昨日、抜糸しました。短い間でしたが、長文にお付…

3265 モー太郎弁当

2/26-18 本当はですね〜、今日26日に退院してもいいって言われてたんですけどね、1日伸ばしていただきました。そのココロは、下の写真です。 駅弁フェア、松坂から新たけ弁当が!院内のコンビニさんです。過日、京王百貨店の駅弁フェアで出遅れて買い逃した…

3264 稲穂のタンメンと新聞配達

2/26-18 FBFのみなさま、おはようございます。つづきです。そら、ひとりカラオケ6時間の私ですから、自然とレパートリーは1000曲くらいになります。6時間というのは予算の関係もあるので、自分に制限をかけていますが、常にイメージしてることは、「ぶっ倒れ…

3263 合格電報・山本サン

2/26-18 FBFのみなさま、おはようございます。いよいよ、この明け方の東京を見ながらの投稿も、残すところ、今日と明日の2回となりました。 2013年の今日、2/25日、早稲田の酔狂伝こと、山本正則さんと、FBを通じて再開したと。今朝のFBFニュースが届きまし…

3262 星に帰る

2/25-18 FBFのみなさまおはようございます。今朝は、窓の内側にいても肌寒さを感じていますが、外もきっと寒いのでしょうね。 昨日の続きですが、昼食前に看護婦さんの手により、一時的に、私の病室のドアが閉められました。異例のことです。でも、私は、覗…

3261 生ある死

2/24-18 今日は朝から肉の話を書いてたら、朝食から、いきなり肉でした。この病院食の肉率、異常に高いです。 病院ですから仕方ないのですが、切ないお話です。僕は自ら持つ、膀胱による natural alarm(自然目覚まし時計)で5:30〜6:00に起床して、まだ暗い廊…

3260 独占欲と気まぐれ天使

2/24-18 FBFのみなさま、おはようございます。きょう2月24日の日出づる國、日本。入院19日目にして、私の中ではザ ・ベストの太陽です。太陽は何億光年の太古から寸分違わず燃え続けているのに、総理大臣でも大統領でもない、たかだか裏総理の安藤が独断で決…

3259 平成芭蕉/北島忠治生誕日

2/23-18 FBFのみなさま、おはようございます。昨日も書いたネタですが、こうして見ると、夜明けの雨・・・ぶどう色からミルク色に変わるのがよくわかりますね。 私はフリーランス時代、幸運にもFLASHの立ち上げに、外部ライターとしてお手伝いさせていただき…

3258 大杉漣さんサドンデス

2/22-18 FBFのみなさま、おはようございます。夜明けのTokyo Cityはミルク色です。 夜明けの雨はミルク色 静かな街に ささやきながら降りてくる 妖精たちよ 誰かやさしくわたしの 肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 行ける気がして (ユーミン = 雨…

3257 窓の内のホスピタル

2/21-18 FBFのみなさま、おはようございます。どんよりとした明け方のTokyo City・・・嫌いではありません。落ち着きます。 そのココロは、ガラス窓の向こうとこちら側の温度差(格差)が無くなるからです。ガラスのこちら側は、どんなに蛍光灯で灯りを放って…

3250 隣室のじいちゃん

2/18-18 廊下に複数の子供の声がする。同じ病室のアニキには家族らしい見舞客が・・・。 いつもより、ほんのわずかだがざわめく空気、病院の日曜日。 いつも気になっていた隣の病室のおじいさん。 個室だからきっとブルジョアさま。 のぞき窓から姿が見え、…

3249 プッチン悲話

2/18-18 プッチンプリンの悲しいお話です。 一階の売店にコーシーを買いに行きました。マシンでドリップする100円のやつです。 すると看護婦さんがビニル袋を下げてやってきました。 「あの〜これ、今、患者さんがこちらで買って来たものなんですけど、その…

3239 溢れる尿瓶

2/15-18 FBFの皆さま、おはようございます。夕べはよく眠れましたでしょうか? 私は術後、一週間が経過しまして、痛みはかなり緩和されました。 ただし、血液サラサラを服用しているせいか、包帯には出血の跡が見られます。昨日は執刀のDrが傷口を観て「良好…

3236 一億総スマホ白痴

2/13-18 FBFのみなさま、おはようございますそれぞれの朝を、それぞれの場所で迎えていることと思います。私は今朝も、杉並区の佼成病院5階、デイルームで、約6000℃の朝陽を頭からかぶっています。 房総半島沖合から昇り始めた6000℃は、海温を暖め、東京湾を…

3234 誰かの死を願う移植医療

2/11-18 FBFのみなさま、おはようございます。晴天が続くと、こんなどんよりも新鮮に映ります。ユーミンの「ベルベット・イースター」な気分です。 だけど、これはぬくぬくした窓の内側からの感想であって、窓の外の人たちには肌寒く憂鬱に感じることでしょ…

3233 手術室の換気口とユーミン

2/10-18 手術室の天井の換気口をずっと見ていた。忘れまいと。「ハナミズキ」がBGMで流れていた。 器具と器具がこすれ合う金属音が緩和されるようだった。「リクエストがあればかけますよ」優しい麻酔科の男性医師が気を使ってくれる。 「じゃあユーミンお願…

3232 手術成功と奇跡

2/10-18 FBFのみなさま、おはようございます!安藤、生還いたしました。無事です。美しい新宿の朝焼けです。やがて太陽がゆっくりと登り病棟5階の自分と同じ目線になる。 夕べから起きていたカラスが下を飛ぶ。静寂な街並み。 「手術は無事に成功しましたよ…

3231 術前兵糧攻め

2/7-18 「最期の晩餐」明日の朝昼晩と明後日の朝食ダメだとさ。都合42時間の断食。 それは聞いてねえよ〜の世界。形成外科、麻酔科、循環器科、内科のドクターが順番こに来て、それは親切丁寧に説明してくれました。 キャバ嬢皮膚科と同じ病院とは思えない待…

3214 NY最終日

1/13-18 NY明日で最終日です。 24日間ありがとうございました。今日は朝から低気圧で、メニエルの私は一日中グッタリNY最悪状態の1日でした。 術後の調子も悪くなく、明日、予定通り帰国できそうです。WyKoff病院の食事を記録しました。朝食10:30 昼食13:30 …

3106 NYで入院

1/5-18 おはようございます!NYタイム1/5金曜日大安吉日 午前7:00。本日午後、入院して、明日のちょうど今頃は手術室です。 (予定では朝の7時、その日のトップバッター)アメリカの病院の入院はハードルが高く、基本、自力で歩ける人は入院不可です。 まあ、…

3056 セカンドオピニオン外来

12/13-17 「次の病院は自分で探してくれ」というので帝京陣内に突入します。 でも帝京のFWはプロ並みだぞ。 でも「入院中は他病院で診察を受けれない」そうな。 病院のルールではなく「これは厚労省の規定」と婦長さんが胸を張る。「それでも受診したければ…

3055 あり得ない病院

12/12-17 おはようございます、本日も快晴、明け方の東京。 めでたく、今日、退院のはず・・・なのですが・・・。 キャバ嬢(皮膚科)「実はもう、私の治療の範疇を超えたので、専門の先生に診ていただいてください」お兄「あ、はい。じゃあ医師が変わるという…

3054 足に感謝、頑張って!

おはようございます、今日もいい天気です。 この病院のオタンコ茄子さん、昨夜、私の点滴忘れてたみたいでユニークです。そのくせ、入院1週間経ってから「経口薬を飲まれた後にはこの表にサインしてくださいって」「え、今さらですか?ボク、もうすぐ退院で…