少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1220 またやっちまったな〜

「やっちまったなあ〜」のクールポコはどこに消えちまったのかな?
おっとこんなところにおりました。中国に。で、また「やっちまいました」。
一昨日は久々に酒を抜き、目覚めもスッキリ。こりゃ〜いい、とランチはロバート(中国人)と食事をしながらビジネストーク。その後は、日本レストラン経営の陳さんと、やはり仕事の話。
その後、善人商店に立ち寄り、少し涼ませていただき、3時半から丁さんにゴルフの取材。原稿を4本書かなければ、今回のエアチケットと宿泊代が出ない。
約二時間、喫茶店で取材とゴルフビジネスの話。午後は有意義に過ごせた。
彼の推薦するパキスタンのカレーレストランで夕食。
その後、気になっているSUPA(エステ)とレストランがあり、彼の車で向かい、中を見せてもらう。これもビジネスに繋がりそうだ。
ホテルに送ってもらう途中、突然の土砂降り。特に珍しいことではないが、丁さんは「今年は異常。地球がおかしくなっている」と嘆く。
ホテルに着くと、まだ9時少し過ぎ。寝るには早いが、頑張って寝ようかなと、とりあえずシャワーを浴びる。シャワーを浴びてさっぱりすると、やっぱり、もったいないからビールでも少し飲もうかな、と部屋を出る。飲んでもビール1〜2本にしようと心に決める。ホテルのエレベータの前まで行き、汗拭き用のタオルを忘れたことに気がつき部屋に引き返す。このタイムラグが運命の別れ道だった。
ホテルの玄関を出たところで、このホテルのマネジャーのリーさんとバッタリ。タオルを忘れなければすれ違いのタイミングだった。
「おお安藤さん、どこ行くの?私たちこれから、みんなでビール飲み行くところ。友達いっぱい来る、楽しいよ、安藤さんも一緒に来るか?」とリーさん。
ビール1〜2本と決めたばかりなので、躊躇していると、引っ張られ車に乗せられた。リーさんとも長い付き合い。今は夏休みで故郷の湖南省から小学生の息子も遊びに来ている。その子も車の中にいた。
車で10分ほど、露店のバーベキュー。舗道いっぱいに折りたたみのテーブルを広げる屋台村。その一角を陣取るリーさん軍団。ビールを注文すると青島の大瓶が4本1セットで出てくる。総勢8人。とりあえず4セット16本のビールを注文する。「今夜はひとり8本ずつ飲みましょう」とリーさんが言い。みんな注がれたビールを「カンペイ」で一気飲み。ハナから付いて行けません。
ビールはすぐに腹に貯まるし、8本は無理。僕は早々と白酒に切り替えたら、隣に座ったリンさんが付き合ってくれた。
ほぼ原価で飲むこと三時間。魚、肉、野菜のバーベキューが運ばれてくる。8人でさんざん飲み食いしても合計で4000円はいってない。路上だから家賃はタダとしても安い。これでも昔より高くなった。
酔っぱらったので「実はここにもうひとり、日本から一緒に来た小さな友達がいるんだ」と麻梨花ちゃんを紹介した。みんな涙目で「献杯」した。
ホテルに着いたのが午前一時ごろ。麻梨花ちゃんを思い出したら無性に唄いたくなった。ホテルの前のカラオケスナックに飛び込む。酔いすぎて、いつものように上手く唄えない、声も出ない、酒も飲めない。それでも、女の子たちが、次々と勝手に唄をリクエストしてくれる。水だけで、何曲歌ったのかな?限界超えているけど、朝まで歌えと言われる。
「ごめん、今夜はもう無理・・・帰る・・・おやすみ」
「あ〜あ、またやっちまったな〜」とクール・ポコ。
これはストレスから来るのか、病気なのか、意志薄弱なのは間違いないのだが。
部屋に戻り、メールチェック。「まりんかの日記」にコメントしたのが日本時間午前3時半ころ。つまり現地時間2時半ころの帰宅。しっかりとキャベジンを飲んで寝た。これからゴルフの原稿を書く。