少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1996 偶然 麻梨花シャンプー

08/01木曜日のこと。
午前10時、四谷の「法テラス」にて30分無料の弁護士による個別相談を受ける。日本生命の保険金不払いの件。かなり悪質、されど、法的に勝訴は微妙。協議を勧められるが、相手は、訴訟の百戦錬磨・日本生命。詐欺みたいなもんだ。


午前11時30分。原稿で世話になっている「月刊ゴルフ用品界」へ陣中見舞い。
その後、新宿に寄り、ヨドバシカメラオムロンのマッサージ器を購入。今回の件で、お世話になった個人病院の医師にお礼のつもり。
新宿のルモンド・ジャパンでヒレステーキランチ1200円。行列に並びました。圧巻です。ヒレ肉120グラム、ソース、ライス、すべて天才的。わずか9席しかないカウンター席に、なんとシェフが4人で対応。これは行列が出来るわけだ。リピートしたい店。値段を含めて、私の知るステーキ店ではダントツのナンバー1。もう他店では、バカバカしくて食べれません。TEL 03 3343 7728 新宿駅西口


そのまま渋谷経由で、軍人病院へ。癌治療中だった青年はめでたく退院。職務に復帰したと聞き、ひとまず大安心。このまま、再発しないことを切に願う。このブログを見たら、連絡ちょうだいIOクン。立川・「あら井鮨」で最高のスシ、ご馳走します。


さて、ここからが本題です・・・。
時計の針は午後3時35分。4時まで、あと25分。
実は、散髪に行こうと決め、学芸大学前の「おしゃれさろん・ナカガワ」(03 3424 4138)へ行きたいのだが、4時までに滑り込めば、お試しフェイシャルマッサージ20分サービスがついてくるのだ。
タクシーを飛ばせば間に合うが、それでは意味がない。バスだと遠回りで、これでは間に合わない。そこで軍人病院から最寄りの東横線・祐天寺まで歩き、電車に乗ることにした。
しかし、初めての道。しかも、松葉杖のびっこ。アップダウンを繰り返し、汗だくで、たどり着いた祐天寺で、時計を見たらすでに4時5分。
意気消沈して、汗だくで汽車に乗り、辿り着いたナカガワでは、すでに4時18分。ひとつだけ席が空いていた・・・。
「フェイスマッサージのサービスはもう無理かな・・・?」
「う〜ん、ぎりぎり、いいことにしちゃいましょう・・・」
「マジで!」
こういうことが、本当にテンション上げてくれますよね・・・。
汗だくの松葉杖びっこ見て、同情してくれたのかな? 受付のお姉さん、ありがとう、だからリピートしちゃうよね・・・。
「じゃあ、汗だくだから、トイレで着替えてくるね・・・」と二階に上がった総理。そこで、ふと目にしたものが、ななんと・・・アジュバン(ADJUVANT)化粧品の陳列棚。
「あれ・・・これ・・・もしかして・・・・」
そう、天草の麻梨花ちゃんママが、総理に送ってくださったのと同じパッケージ・・・。
「ええええ・・・まさか、この店、こんな高価な化粧品を!?」
「そうですよ・・・以前からずっと・・・。でも、お客さんこそ、すごいですね、アジュバンを知ってるんですか?」
「もちろん知ってますよ、アジュバン・・・だって、ボクちゃん、家で使ってますもん・・・」
「アジュバンじゃなくて、アジュバンです。発音が違いますけど、まあ、いいです。でも、前に来られた時、シャンプーとリンス買われてましたよね」
「ええ? 何でチミ、そんなこと知ってるの? 担当じゃなかったのに?」
「だって、あのシャンプー買うお客さん、そんなにいらっしゃらないもの」
「たしかに、ちょっと高いよね・・・。エッ、ちょっと待って・・・、僕が買ったあのシャンプー・・・って、あれも、アジュバンだったの?」
「エ〜、知らないで買われてたんですか? 逆にびっくりなんですけど」


ジャカジャ〜ン これがアジュバンのシャンプー&トリートメントちゃん


以前にも書きましたが、このサロンはドラゴン斉藤さんの紹介で3年前から通っているのに、まさかアジュバンさま、とは、本当に驚きです。
当然、麻梨花ちゃんと知り合ってから、一年も通っていたのに、気が付かなかったなんて・・・。
ドラゴン斉藤さんには、すぐに報告しましたが「いや〜ぜんぜん知らない」とまったく興味もヘチマもない様子。そらそうですよね、こんなに、おしゃれに敏感な安藤総理でさえ、まさかまさかです。
だって、シャンプー・セット・顔そりに、20分のフェイスマッサージとは別に、さらに20〜25分のボディーマッサージがついて、所要時間約1時間40分で、料金3885円ですよ。こんな高価な化粧品をふんだんに使ってるなんて、とても思えない。シャンプーだって、気合いの二度洗いですよ・・・。


カンケーないけど、これが我が家のバスルーム。今朝もショッカー軍団が放置したクロカビや汚れを、新しく購入した亀の子でゴシゴシと・・・。いんや〜綺麗になったわい・・・。


で、お客さんが帰るときに、全員で声をそろえて「お疲れさまでした! ありがと〜ございます」と元気よく。ことわっておきますが、スタッフは、全員、女子ですぞ!
そこで安藤総理がひとこと。「チミたち、日本語の使いかた、間違ってるぞ」と。
「え〜、どこが、ですか?」
「お疲れ様でした・・・は、店員が客に言う言葉ではなく、客がチミたちに対して使う言葉だろ・・・。ワシらは疲れとらん。疲れを取ってもらい、疲れたのはチミたちの方だろが・・・」
「ああ・・・確かに・・・考えてもみませんでした・・・」
・・・と、そんな感じのサロンなんです。
そんなこんなで、担当の彼女と溶け合い、実は前回、次はあの娘が担当になったらいいな〜と秘かに思っていた娘がついてくれて、しかも、彼女、本来はカット専門で、カットが終わると、見習いの子がシャンプーやらマッサージを担当するのに、その日は、最初から最後まで、ずっと総理の担当。次回からは完全に指名して行くことを約束之介。


「それにしてもお客さん、ど〜してアジュバンのこと知ってるんですか?」と彼女。「それはね、麻梨花ちゃんっていう女の子が天草にいてね・・・」と詳しく話してあげました。


偶然の、麻梨花ちゃんシャンプー・・・出逢う前から繋がっていたんですね・・・。


08/06 第14回・東京まりか会・・・もちろん開催いたします。
午後7時より・・・、場所は茅場町・・・。
仔細は明日の「少数派日記」にて・・・。多数の皆様のご参加をお待ちしております・・・。