少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2851 ゼネコン利権五輪

8/22-16

五輪考7
箱物建造物。
要するに五輪利権の半分以上はゼネコン屋です。箱物とインフラですよね。

だから東北でやるべきなんですよ、本来なら。

東北では、ゼニにならないからトーキョなんでしょうけどね。
ノー天気無知明後日ドリーマーコメンテーター諸氏がいう、自然環境に寄り添った、街に優しい五輪造り・・・てなんだろう?
例えば豊洲の選手村。
あそこ、埋立地っすよ。東北大震災で葛西臨海舞浜地区の液状化ですよ。

もろ、人工の埋め立て地での大災害を、すでに忘れたとか?
そんな危険地帯に、「バリアフリーにして五輪後は、高齢者向けの分譲マンションにする」だの「おしゃれな立地を利用して、若者向けの分譲マンションにする」だの、笑止千万抱腹絶倒の新橋オヤジ議論をはるかに下回る夢も物語でコメント料を貪る輩、羨ましいです、マジでね。
幼稚園のころ、砂の上にお家を建ててはいけません、と習いませんでしたか?日本人!
ちょっと専門家気取りのコメンテーターは「リオでは、会場の壁や床はパネル式になっていて、閉会後は、それを外して、学校や病院などの施設に再利用するんです。そんなとこも見習うべきじゃないでしょうか?」ってオマエ、小学生か?その程度の論議は公共電波ではなく、学級委員会でやってくれ。

地震大国日本の世界一厳しい建築基準法の中、どうやって潜り抜ける気だよ。

コンパネ式建築方法の新たな基準を取ってからモノ申せ、と言いたい。
いずれにせよトーキョが決まった以上、莫大な無益(利益を産まないどころか損失となる)な税金が投入され、森喜朗を筆頭にゼネコン利権者の天下となります。

自然環境に寄り添った、街に優しい五輪造り。
もとい。
自然環境を限界まで破壊して、ゼネコン利権屋のみが潤う五輪造り。
正直に告知すれば、賛否は別として、私はある意味で「アッパレ」をあげます。

政治の機微という意味不明を盾に、エアー会議出席者、エアータマゴサンドの舛添と同列の嘘八百。

金額からしたら、舛添の無限大なのに、五輪を感動仕立てにして蓋をするおクソマスコミ。

スポンサーの手前、電通様の手前、ネガティヴキャンペーンは御法度だとか? 日本の行く末、五輪アスリートたちの進歩とは真逆の方向へ。