少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

3290 銀座の老カップル

3/30-18

地下鉄有楽町線銀座駅ホームのベンチ、杖ホルダー付き、日本はいいですね、細かい気配り。

本日、銀座線渋谷駅にて、階段を登れぬ老夫婦あり。2人ともガラガラが杖代わりで、それを僕が運ぶことは簡単だけど、それがないと今度は歩けない。エレベーターまでは遠く、行き先を尋ねるとザギンなので当方と同じでお供する。

おじいさん90歳、昨年、大動脈瘤の手術をした不死身。聞けば、トータルで17回も手術したという手術先輩、ある意味強運。おばあちゃん89歳、背中が丸まり、前を向けず地面を見て歩いている。

これから2人でザギンデート。おばあちゃんは女子美大の卒業生で油画の展覧会を見て、そのあとみゆき座で映画も観るそうだが大丈夫かな。ご夫婦だというのに、おじいさんは板橋に住み、祖師ケ谷大蔵に住むおばあちゃんを迎えに行って、ようやく渋谷に辿りついたところだそうです。

「どうしてご夫婦なのに別々に暮らすのですか?」との野暮な問いかけに「まあ、いろいろあるんですよ」とおじいさん。そらそうだろう90歳。東京オリンピックの1964年、名古屋から出て来たという。当方も愛知県安城市に老母がいると告げるや、「じゃあ、あんたは知立(ちりゅう)を知っとるかん?」と言われ「知るも何もわしゃあんまき高校(通称、知立高校)の出だで、よう知っとるよ」と告げると、おじいさん「ほいじゃ、駅前の本屋知っとるかん?」と畳み掛けられ「知っとるもなにも、ワシもトヨジもカンペーもあの本屋さんにはいろんな意味で随分世話になったわい」。

「ありゃワシの従兄弟がやっとる店でな〜」
「なに〜親戚のお店?」
「そうじゃ」
「んじゃあ、おじいさん、その本屋の斜め前にある、はまやって駄菓子屋知っとるかん?」
「名前は覚えておらんけど、駄菓子屋があるのは知っちょる」
「その駄菓子屋のムスメはワシらの同級生じゃがね〜」

世の中狭いですね〜。
おじいさんもおばあちゃんも、まさか地下鉄であんまき市の人と出会うとは思ってもみなかったそうで。地下鉄のザギン駅から三越のエレベーターで地上のザギン四丁目の交差点までお供して別れました。

「20年の東京五輪を見るまでは死なん」と言っていたおじいさん、おばあちゃん、お達者で。

私はビジネス待ち合わせに15分遅刻も、先方さん、気持ち良く契約に応じてくれました。ついてる、感謝してます。

追記・・・ザギンで地下鉄を降りる時、ポーンと背中を叩かれました。誰かと思いきや、渋谷の旅行代理店のS山さん。彼とは20年以上前の古物商時代に、世田谷のボロ市で古物販売をするために軒先きを貸していただいたご縁で、海外チケットやビザ関係は全てお世話になった旧知。再びFBで繋がり、年に2度くらい「イイね」をくれる仲。S山さん、これ読んだら「イイね」ください。美人の奥様お元気でしょうか? 奥様は出雲市出身、S山さんは志布志市出身。あと、可愛い茶色のトイプーちゃんがいるんですよね。

f:id:chamy-bonny:20180510032537j:image