少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

559  仕事はじめ

仕事のない安藤に「仕事はじめ」も「御用納め」もない。うかうかしてたら、髪の毛まで抜けてきた。だからスカルプDをネットで買ったわい。アムウェイのサイトマックス(育毛剤)も使っているので、これで抜け毛撲滅といってみたい。
午前9時4分のバスで渋谷経由で三宿の軍人病院へ。循環器内科と皮膚科の診察。血液検査は異常なし。しかし、中国に長期出張に行くと告げると「あんた死ぬ気か?二週間に一回は検査しないと命の保障はできんよ」と恫喝され、しばし沈黙。んなこと言われてもなあ・・・。
「とりあえずチケットの変更が効くかどうか、確認してから返事します」などと、まだ予約も購入も見積もりすらしていない嘘をかまして、その場をしのぐ。Dr・M嶋に相談するも「あ〜、それは困りましたねえ」と話しにならず。
渋谷の旅行代理店・パシフィックオーシャンツアーズに頼んでおいた中国の査証を取りに行く。1年間マルチの90日間連続滞在可能のビザ。尖閣諸島問題後、やたら取得が困難になったと聞いていたが、やはりそうだった。ここの社長は僕と同じ年で鹿児島出身、ひょんなことから知り合い、いつもお世話になっている。この日も格安航空券やJAL問題についてしばし、語り合う。ビザ取得代金「32000円」。中国の査証はやたらデカく、パスポートの一ページを占領する。あと5年使える僕のパスポートだが余白があとわずかしかない。ページを追加するのに、たぶん4000円くらい取られる。手痛い出費だ。
その足で格安チケットを求めてHISに行く。中国大使館横の中国専門格安チケットより安いチケットをHISが探してくれた。なんとソウル経由の大韓航空便だ。3カ月オープンで変更手数料ゼロで航空券52000円は破格値だ。全部込みで64770円、即決した。他社はどれも10万オーバーなので助かった。01/14〜04/13までの予定。しかし、軍人病院の医師に恫喝されているので、途中で戻らねばならないだろう。さあ、どうするべきか?
僕は東急プラザの地下で390円のしゃけ弁を買い、再びバスで自宅へ。近くのローソンで新聞を買い求めるも、まだ3時前なのに、もう朝刊を全部紐で縛って後片付けしている。商売気がないお店なのね。自宅に戻り「ふぞろいの林檎たち」の再放送を見ながら、しゃけ弁を喰らう、ああ懐かしいドラマ、僕らもあんな時代が楽しかった。
上海と広州に同行してくださる、ビジネスパートナーのS会長のスケジュールもまとまり、中国サイドにも日程を取りつけ、おおまかな準備は完了した。
部屋の荷物を片付け、モノを捨てない僕にしてはかなりの量の不用品を泣く泣く捨てる。母親に頼まれていた荷物を近所の酒屋(クロネコの取り扱い店)に出しに行くも、まだ休業中。どうしようかな、面倒くせえな、とグレていると、たまたまそこにクロネコのトラックが。「ヘイ」と手を挙げると止まってくれ「あっいいっスよ」なんて気軽に受け付けてくれた、有難い。
遅い晩飯は戸棚で見つけた半年以上期限切れのカップヌードルとキャベツの千切り。ヌードルはさすがにカビ臭かったけど無理して半分食べてしまった。嗚呼貧乏臭せえ・・・。それでもこれが、僕の仕事はじめ(というか、仕事してないんですけどね)。まっ明日のことは、誰にもわからないさ。だから上を向いて歩きましょう・・・。