少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2534 誕生日おめでとうYuri

中国に来て17日目。ようやくパソコンがつながりました。
きょうは7月22日。Yuriちゃん、47歳のバースディ。おめでとう。
私の耳鳴りもきょうで5年目。無くなって欲しいけど、無くなると寂しいという潜在意識が必ずあるから無くならない。人体、精神の不思議。
今、中国で最大の正念場。すべてが上手く行くか、すべてがダメになるかの、本当に瀬戸際。我々チームが全員、最善を尽くした。みんな倒れる寸前。
本当にお願いします。Yuriちゃん、助けてください。
MarikaちゃんもCyamyちゃんもBonny君もPikoちゃんも、みんな力を貸してください。本当にお願いします。
中国では必ずしもHappyなことばかりではなかった。
二人の患者様を救うことが出来なかった。自分にはお連れした責任がある。
呵責は小さくはない。
この地で、自身が喜ぶことは出来ない。
しかし、今、美味しいもの食べたり、多少の身体の不自由があるにせよ、目を見開き、自身の足で歩き、時には笑い、柔らかなベッドで寝る現実がある。
亡くなられた患者さんと、同じく天国のYuriちゃんのことを思うと、自身の幸福の追求は、これ以上必要ない。
先月、癌で亡くなられたS・Fさんのように、私を頼ってくださる人のために尽くすと決めたので、それに従うだけ。
現在の中国ビジネスはすべてが医療に関してであり、間接的、あるいは直接的にその方向へ向かっている。だから、Yuriちゃんには助けて欲しい。
山形のYuriのお母さんからは、毎年、おいしいさくらんぼが届くよ。本当にうれしいね。普段は口もきいてくれない1号ちゃんも2号ちゃんもいただいてるよ。本当にありがとう。
「少数派日記」さぼりがちというか、ネット環境もあり、FBの手軽さもあり、途絶えがちだけど、帰国したらクマちゃんか、村上さんに、もう一度、環境を精査してもらい、再開しようと思う。
Yuriちゃんと知り合ったのは22歳の時。人の人生は本当にわからない。いつもいっぱい待たせてしまった。本当に心残りです。天国で、僕が行くまで、チャミーをよろしく、可愛がってあげてください。
今日は中国の病室で、DVDで「サイボーグ009vsデビルマン」を観たよ。いつもいつもいっぱい映画に誘われたけど、結局、観に行けたのは「English patient」だけだったね。吉祥寺で観たんだよね。帰りに井之頭公園のベンチで蚊に刺されたりね。
平井堅ちゃんの唄じゃないけど、記憶が薄れるのが怖いというか、寂しいというか、切ない。
今、深夜だけど、夜はビジネスホームパーティーだけど、それが済んだら、ひとり静かに、誕生会やるからさ。写真も持ってるよ。
あっそうそう、このあいだ、上海でイケメン店長の浅井君に久しぶりに会ったよ。Yuriちゃんのこと、よく覚えててくれたよ。会ったことないのにうれしいね。

誕生日、おめでとう。